(ブログ内記事の検索)

空き家特別控除って何?


 
2017年4月14日(金)
 
こんにちは、FPの工藤清美です。今後は時々、今旬の情報についてブログに書いていきたいと思います。
 
今回は「空き家特別控除」について。
 
空き家問題は深刻です。総務省統計局は5年毎に空き家について調査しており、平成25年時点の空き家率は13.5%。7~8件に1件が空き家というわけです。空き家は年々増加しており、平成30年にはどのようになっているのか…
 
最近では相続税対策により、保有する土地にアパートを建てて節税しようとする地主さんも多く、空き家問題をさらに加速させているようです。
 

 
さて、話はもどって、その空き家問題の対策として、国は「空き家特別控除」の特例を2016年から実施しています。
 
当制度は、相続などで引き継いだ空き家を、相続開始から3年以内に売却した場合、譲渡所得を3000万円まで控除できるというもの。親などから住宅を相続し、今後そこに住む予定がない場合などは売却しやすくなりますね。
 
ただし、注意点もあります。
 
例えば、売却予定の空き家が耐震基準を満たしていない場合は、売却前に耐震工事をする必要があります。更地にして売却することも可能ですが、一定の解体費用がかかります。売却前にそれなりの費用がかかる可能性があるため、計画的に準備する必要があります。なお、マンションなどの区分所有建物は対象外となります。
 
また、相続税の取得費加算の特例(※)との併用もできないため、どちらを利用した方がメリットがあるのかは、試算が必要でしょう。
 
以下に当制度の適用要件をまとめたので、参考になさってくださいね。
 
◆空き家特別控除の特例、適用要件
 
【相続前】
 ・1981年5月31日以前に建築されたもの
 ・相続開始直前まで被相続人が居住し、同居人がいないこと
 ・区分所有建物でないこと
【相続時】
 ・相続時から売却時までずっと空き家であること
 (事業・貸付・居住の用に供されていないこと)
【売却時】
 ・売却価格が1億円以下であること
 ・相続開始日より3年目の年の12月31日までに売却すること
 ・更地での売却も可能
【適用期間】
 ・2016年4月1日から2019年12月31日まで
 
(※)相続で取得した不動産を相続申告期限の翌日から3年以内に売却した場合、支払った相続税の一部を譲渡所得の取得費に加算できる制度
 
 

家の仕事について考える


2017年2月5日(日)
 
こんにちは、FPの工藤清美です。
 
今日は、「家の仕事」について考える
ワークショップに参加してきました。
こちらは、内閣府とWAFP関東共催で、
FP向けでは全国初の開催です。
 
「家の仕事」とは「家事」のことです。
 
家事を分担するためのワークショップ、
というと、
世の中の男性は引いてしまうかも
しれません。
 
でも、「夫婦、または家族で、
どのような生活を送っていきたいか」
「どうやったら、
みんながハッピーになれるのか」
といった視点で、
家の仕事のあり方を考えたら、
きっと新しい発見が
あるのではないでしょうか?
 
家事の押し付けではなく、
みんながハッピーになるために
お互いの時間を
どのように使っていけばいいのか、
ということを夫婦で一緒に考えるのです。
これはライフプランを考えることにも
つながります。
 
その結果、
みんながハッピーな形で
家の仕事をシェアし、
ママが外でも仕事ができるようになれば、
家計も潤います。
 
パパが家事や育児にもっと参加できれば、
パパの家庭での居心地も、
今よりもさらによくなるでしょう。
 
そうしたら、
家庭も、家計も、
もっとハッピーになるはず…💛
 
今回使用したワークシートは、
以下の内閣府HPからダウンロードできます。
是非、利用してみては?
“夫婦が本音で話せる魔法のシート「○○家作戦会議」”
 
 
“エフピーブラッサム/工藤清美”
 

今年もよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます。

今年でFP独立6年目となりました。
資産を守り育てるFPとして
これからも皆さまのお役に立てるよう
頑張ってまいります!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投信、分配金の8割が元本取り崩し!

1746142cc09b7124b1440a716038fc9a_w
 
2016年12月2日
 
こんにちは、FPの工藤清美です。
以下は12月1日の日経新聞朝刊の記事の見出しです。
 
毎月型投信の分配金、
「過半は元本から」8割

 
何を言っているかというと、
毎月分配金が支払われるタイプの投資信託では
その分配金は利益から支払われているのではなく、
元本を取り崩して支払われているものが
8割にも及ぶ。
 
というもの。
運用益だけで分配金をまかなえているものは
たったの2%だということです。
 
実は
投資信託の分配金には2種類あります。
利益から支払われる「普通分配金」と
元本を取り崩して支払われる「元本払戻金」
です。
 
「普通分配金」は、
値上がりした利益分からの分配金ですが
「元本払戻金」は、
単に、自分が払い込んだ元本を
取り崩しているだけなのです。
 
「元本払戻金」は、
以前は「特別分配金」
といわれていました。
 
「特別分配金」といわれると、
なんだか、特別に利益を分配されているような
錯覚に陥りますが、全く違います。
 
毎月分配型は
銀行などの窓口で多く販売されていました。
「毎月分配金がもらえる」というのは
「毎月利息がもらえる」のとちょっと感覚が似ています。
なので、銀行などでは販売しやすかったのでしょうね。
 
でも利息と分配金、
特に「元本払戻金」は全く異なるものです。
 
毎月分配型の投資信託は
運用して資産を殖やそうと考えている方は
買うべきではありません。
 
利益を分配してしまっては、
複利効果が得られなくなるからです。
 
(運用をする方は、みな、
資産を殖やしたいと思っているのでしょうが…)
 
中高年の方には人気があるようですが、
本当にその中身を知って購入しているのか
甚だ疑問です。
 
年金生活者の方は、
分配金を生活費の足しにしている、
とよく言われますが
運用は余剰資金で行うべきものです。
分配金を生活費の足しにしなければ
いけないような人たちが
そもそもリスクのある商品で運用していいのでしょうか?
 
投資信託の分配金には2種類ある。
運用で資産を殖やそうと考えている人は
毎月分配型を買ってはいけない。

 
これが今日のコラムのポイントです。
 
ちなみに日経新聞の記事はこちらです。↓

“日経新聞「毎月型投信の分配金「過半は元本から」8割”
 
 
“エフピーブラッサム/工藤清美”
 

放送大学の講義してみて…

放送大学
 
2016年11月13日(日)
 
今日は、放送大学の面接講義を行いました。
 
放送大学はテレビやインターネットなどを通じて
学習する大学です。
学士はもちろん、
修士、博士も取得することができます。
詳しくは放送大学のホームページをみてくださいね。
 
今回、私は初めて
幕張にある放送大学千葉学習センターに行きました。
図書館があったり、学食(日曜日はお休みでした)があったり、
整備された中庭にはベンチがあり、学生が寛いでいたり、
普通のキャンパスの雰囲気でした。
放送大学の学生は自由にこの施設を利用できるようです。
 
私が担当したのは
『退職後の生活設計と資産運用』という科目。
面接授業は12日(土)、13日(日)の2日間連続で、
10時スタート、17時15分終了。
1日に1時間25分の講義を4コマ実施します。
今回は13日分の4コマ分を担当しました。
 
単位は欲しい方は、
2日間の8コマの面接講座の出席と
レポートを提出しなければいけません。
面接講座を3コマ以上欠席した場合は、
単位は取れません。
 
参加された生徒さんは40名強で、
20代からリタイアされた方まで様々。
女性は6割位でしょうか。
意外と女性が多いのにびっくりしました。
 
投資経験者は数名で、
証券口座ももっていない、
という方がほとんどでした。
 
今回は時間はたっぷりあったので、
投資をこれから始めようとされる方に
役立つようなお話を
できる限りお話してきました。
 
みなさん、とても熱心で、
休み時間には列ができるほどの質問も…
 
1日に6時間近く話し続けたのは初だったので、
クタクタでしたが、
このような形で金融教育に携われることは、
とてもうれしいです。
 

もし、日経平均が最高値のときに、積立投資をはじめたら???

1851887238-profits-544953_1920-JZyK-320x213-MM-100
 
FPの工藤清美です。
 
日経平均株価の終値で
最も高かったときはいくらかご存じですか?
 
1989年12月29日の38915.87円です。
当時はマーケットは盛り上がり、
この先5万円くらいまでいくだろう…
なんて言われていました。
 
しかし、この日を境に急落。
その後、日本株は低迷期に突入していきます。
 
では、もしこの最高値から毎月1万円ずつ投資をする
積立投資をはじめたら
今はどうなっているのでしょうか?
大損をしているのでしょうか?
 
積立条件を以下の通りとし、
シミュレーションをしてみました。
 
・1989年12月29日をスタートとし
 毎月29日に1万円を日経平均株価に投資をする
 
・29日がお休みの場合は翌営業日を投資日とする
 
結果は???
 
本日2016年10月4日の終値時点で
なんと62万1454円のプラスです。
投資した金額は合計で322万円。
よって、資産は384万1454円に増えている
ということになります。
 
日経平均が4万円近くのときに投資をはじめて
今はその半分以下。
それでもコツコツと積立投資をしていたら
資産は増えていた、ということになるのです。
 
積立投資は投資をする時期を分散させるので
投資をはじめたときの価格の影響は小さくなります。
リスクをコントロールしながら投資を続ける。
これが個人投資家の賢い投資方法です。

配偶者控除を語る前に…

9aa7289a0d12556d29ce1d87547af0e9_s
 
9月20日(火)
 
配偶者控除についての議論が本格的になってきましたね。
ただ、
税制を語る上では、
年収○○以下だと減税になる、
年収○○以上だと増税になる、
などという損得勘定や感情論からではなく、
今後の日本をどのようにしていきたいのか、
そのためにはどのような税制がいいのか、
という大きな視点で考えることが必要ではないか、
と思うのです。
 
配偶者控除についても同じです。
 
配偶者控除など人的控除については、
家族のあり方、女性の働き方など
様々な分野に影響することです。
 
なんだか、日本における論争としては
損得勘定の論争に偏っているような気がします。
所得の再分配も大事ですが、
深刻な少子高齢化、労働力不足をどうしたらいのか、
そのためにはどのような税制がいいのか、
という視点で、
我々も考えていくべきだと思います。
私もFPなので、つい計算してしまいがちですが、
やはりそれではダメだと思います。
 
また、日本国内についてだけではなく、
海外ではどのような対策がとられているのか、
を知ることも大切だと思います。
 
個人単位課税方式にするのか、
世帯単位課税方式にするのか、
これらは人々の働き方、家族のあり方などに
大きく影響してきます。
 
私もまだまだ勉強中ですが
以下の国立国会図書館の資料はとても参考になりました。
海外の税制や課税方式のメリット・デメリットが
とても分かりやすく解説されています。
ちょっと長いですが
よかったら是非ご一読を…
“諸外国の課税単位と基礎的な人的控除”
 
 
ファイナンシャル・プランナー
工藤清美

香港 Stanly marketでのお金の教訓とは?

201607香港8

201607香港2

201607香港3
(宿泊したLanson Place Hong Kong)

2016年7月16日(土)~7月21日(木)に
香港・カンボジアツアーを実施しました。
昨年12月に続き第2回目です。

まずは香港。今回は2泊です。
香港では、
Lanson Place Hong Kongというホテルに泊まりました。
こじんまりとしたホテルですが、なかなか素敵。
お部屋はワンランクアップしたからか、
ちょっとしたセミ・スィートな感じ。
朝食も洒落たソファーで
ゆったりといただくことができます。
女性が好む感じの雰囲気ですね。
朝食付きで1室1泊2万円程度でした。

土曜日に香港入りしたので、日曜日は1日オフ。
なので、香港島最南端のStanly marketに行ってきました。
セントラル駅から2階建てバスに乗って、山を越え海へ~♪

Marketという名前だけあって、
路地が迷路の様に連なっていて
そこにお店が並んでいます。
洋服、かばん、雑貨、絵画、おもちゃ、
印鑑、アクセサリーなどなど、
ちょっとした掘り出し物を見つけるには楽しかも。

私は最初に見つけたお店でストールを購入。
とっても気に入ったのでほぼ即決!
でもやはり即決はいけません。
私は2枚100HKDで購入したのですが、
同じものが別のお店では3枚100HKDで売られていました。

ショック!!!

何事も、ちゃんと周りを比較しなきゃですね~(;;)。
でも、日本円に直すと2枚で1300円程度なので、
それでも満足です。

Stanly marketでは、
同じような品物がいろんなお店で売られているので、
いくつかのお店で値段を比較した方がベター。
店によって値段がかなり違います。
値段交渉も楽しみながらやってみるとよいかも…。

海沿いのレストランで海をながめながらのランチも素敵。
ビール片手にのんびりと海風に吹かれて、
リゾート気分を堪能してきました。

ここでの教訓、
「知らないお店での買い物は、
周りをよく比較して購入すべし!」

201607香港6
(Stanly Market へ行く途中の山の上から)
201607香港5
(Stanly marketのお店が集まる路地)
201607香港4
(海辺のレストランでランチ)

好きなことを仕事にしたい女性の皆様へ

30011eeae0fb72e63a95e3486f873f3d_m

こんにちは、FPの工藤清美です。
 
女性って、社会的に成功して
とても良いお給料をもらっていたとしても
スパッと会社をやめてしまう人が多い気がします。
男性に比べて、組織に対する執着が薄いというか…
 
色々とお話を聞いてみると
「そろそろ体力的にきつくなってきた」
「自分の時間がもっと欲しい」
など理由は色々とあるようです。
 
「早く会社を辞めて
自分の好きなことで生活できるようになりたい」
とおっしゃる方も多いですね。
 
好きなことを仕事にして
食べていくって大変なことです。
 
でも、できないことはないと思います。
私自身もそうでしたが、
一つひとつ小さなものを積み上げていくことで
仕事って成り立つものだと思います。
 
最初は大変かもしれませんが
そこは、女性ならではのコミ力を使って
いろんなところから情報や協力を得ていく。
 
そして、助けてもらうだけでなく
だれかの力になることを続けていくことが大切です。
「ありがとう」を続けていくことだと思います。
 
私はいつも
「私がしていることは、誰かの役にたっているかな?」
ということを考えながら仕事をしています。
だって、役に立ちたいですから…

日経新聞の大卒主婦について、私の場合

赤ちゃん
 
こんにちは、FPの工藤清美です。
本日3月19日の日経新聞朝刊を読んで
私の経験と思うところを書いてみたいと思います。
長くなりそうですが、お付き合いください^^
 
 
◆結婚・転勤・出産
 
私は大学を卒業し、卒業後数年で結婚。
その後、妊娠と主人の転勤とが重なり、
仕事を辞めました。
その後しばらくは専業主婦。
でも、その時はその生活に不満はありませんでした。
 
はじめての子育てはとにかく大変。
わからないことだらけです。
それでも、生まれたばかりの赤ちゃんの子育ては
毎日が発見で、
「うぁ~、赤ちゃんって、こんなことするんだぁ!」
と感動の毎日でもありました。
その頃は子どもの世話をすることが私の仕事。
お給料はもらえないけれど、
”人を育てる”という子育てという仕事に対し
「これに勝る仕事はない!」とも思っていました。
 
また、「子どもが小さなうちは自分の手で育てたい」
という思いもあったので、
子どもを預けてまで
外で仕事をしたいとも思っていませんでした。
 
 
◆子育てから仕事へ
 
ただ、時間が経つにつれ
この状況は少しずつ変わっていきました。
 
専業主婦の場合、
1日で話したのは自分の子どもとだけ、
ということも多々あります。
社会からドンドン取り残されていく、
という孤立感が増していくのです。
 
子育てに忙しいときはそれほど感じませんでしたが
子育てにも慣れ、少し子どもが大きくなり、
だんだんと自分の時間がもてるようになった頃に
その孤立感と焦りを強く感じるようになりました。
「仕事がしたい!」
そんな思いが強く出てきたのです。
 
そこで在宅でできる仕事を少しずつ始めました。
以前、ライターをやっていたので、
フリーライターとして
在宅での仕事を増やしていきました。
子どもを家で遊ばせながら、
仕事をするという生活。
社会とつながっているという充実感と
子どもを近くで見ていられるという満足感。
自分のできる範囲で仕事をする
というスタンスをしばらく続けていきました。
 
 
◆現実を知る
 
子どもが小学校に上がると、
また状況が変わっていきます。
子どもはどんどん成長し、
自分で自分のことができるようになり、
物理的に親が四六時中、
子どもをみる必要がなくなっていきます。
 
そうすると、私は
さらに「もっとしっかりと働きたい!」
という気持ちが強くなっていきました。
そこで、フルタイムで会社で働くことを考えました。
30代も半ば近くになっていたので
企業へ就職するには、年齢的にこれが最後かな?
という思いもありました。
そこで、たくさんの会社に履歴書を出しました。
でも、ことごとく落ちました。
面接にさえたどり着かないということも多々ありました。
 
今考えると当たり前かもしれません。
当時は今ほど女性活用が叫ばれていませんでした。
そんななか、
社会から10年近く離れていた主婦を雇いたいと
思ってくれる企業はないことは理解できます。
 
でも、そのときはとてもショックでした。
子育てをしてきた10年近くの価値を
社会は認めてくれないんだ…
と感じたからです。
 
子どもを育てる、ということは、
本当に大変です。
だれも教えてくれる人がいない、
そんな中、試行錯誤をしながら育てていく。
ご近所づきあい、ママ友づきあい、
幼稚園や小学校の役員などの仕事
これらも実は結構大変だったりもします。
 
ご近所の方々やママ友たちは
年齢も様々、育った環境、考え方なども様々です。
だからいろんな人、いろんな考え方の人がいます。
ここが企業と違うところですよね。
 
企業の場合、採用という網をくぐった
一定の人達の集まりです。
なので、ある程度同じような環境で育った人
同じような考え方の人の集団です。
教育制度などもあり、先輩もいる。
わからなければ聞ける人がいます。
そして、たいていの仕事では、
先輩の仕事を見ながら経験を積み
自立していくという感じでしょう。
 
でもママを取り囲む環境は違います。
子育てもご近所などとの付き合い方も
幼稚園や小学校などの役員の仕事も
教えてくれる人がいません。
私も幼稚園の母の会代表をやりましたが、
様々な人がいて、
まとめるのにとても苦労した記憶があります。
 
自分なりに子育てをしてきた期間は、
一生懸命やってきたつもりでした。
でも、企業はそこに価値を感じてはくれません。
当たり前かもしれませんが、ショックでした。
職歴では、「〇企業で〇を経験した。」
このようなことしか評価してくれないのです。
 
 
◆社会に受け入れられる人をめざす
 
それでも、やはり働きたかった。
なので、最終的には派遣という道を選びました。
派遣でまずは社会経験を積もう、
そして、社会に受け入れられる人になろう、
そう思いました。
 
そして、たまたま紹介されたのが
銀行のディーリングルームでの仕事でした。
ライターの仕事はずっと続けており、
そろそろ専門分野を持たなければならないな、
とも思っていたので、
ディーリングルームでのお仕事は正に願ってもいない仕事でした。
 
ディーラーの方々に囲まれての市場部門でのお仕事は
とても刺激的で楽しいものでした。
仕事にもすぐに慣れ、
自らも進んで勉強するようになりました。
CFPを取得し、大学院にも通うようになりました。
でも、派遣は派遣です。
派遣以上の仕事は任されません。
それは、大学院を修了したとしても変わりません。
そこに限界を感じ、
FPとして独立し、今に至っています。
 
 
◆大卒ママの思い
 
今までの経緯をツラツラとつづってきました。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
 
私が言いたかったことは、まずは
ママにも様々な人がいるということです。
子どもは自分の手で育てたい、
できればみんなの手を借りながら育てたい、
仕事と両立したい・・・
ママの中にもいろんな思いがあります。
 
また、この気持ちも
子どもの成長と共に変化していきます。
人の気持ちは変わっていくのです。
 
現在の「産めよ、働けよ」という国の政策には
私は疑問を感じます。
働きたいママもいるだろうし、
働きたくないママだっています。
それぞれの思いが叶えられるような社会を作っていくこと
が大切なのではないでしょうか。
 
そして、働きたいママにおいては
その能力をきちんと評価し、
企業側もそれを活かしていくような社会
になって欲しいと思います。
 
ママの中にはとても優秀な人がたくさんいます。
その能力を活かしたいと思っているママもたくさんいるのです。
でも現実では、一度仕事を辞めてしまうと
なかなか自分が願うような仕事につくことは難しいのが現状でしょう。
 
かといって、子育てをしながら仕事を続けていくには
今のままでは、ママの負担が重すぎます。
日経の記事のなかの
「子どもを犠牲にするか、自分が倒れるまで頑張るか…」
現状はそういう状況なのだと思います。
 
また、働きたいけれども
そんなにバリバリとは働きたくない
という人もたくさんいます。
 
子育てにおいては、
子どもが大きくなるにつれ
物理的なサポートは少なくなっていきます。
でも精神的なサポートは逆に多くなっていきます。
 
小学校、中学校、高校と
それぞれにおいても
親の精神的なサポートは必要だと思います。
 
一緒に夕ご飯を食べ、子どもの話を聴いたり、
部活などの応援に行ったり・・・
部活の中にはかなり親の出番が多いものもあります。
そういう共有した時間を持つということが
子どもの成長過程ではとても大切だと思います。
 
ママの中にはそういう時間を大切にしたい
と思っている人も多くいるはずです。
 
子どもを産み育て、さらに仕事をする、
そのような人を増やしたいのならば
それぞれの思い、希望を叶えられるような
様々な働き方が今後は必要になってくるのではないでしょうか?
 
女性は、子どもを妊娠・出産する過程で
生理的に体が変化していきます。
またその過程で様々な経験をし、
考え方なども変わっていきます。
とても柔軟な生き物なのだと思います。
 
だから、社会ももっと柔軟になって欲しいと思います。