もし、日経平均が最高値のときに、積立投資をはじめたら???

1851887238-profits-544953_1920-JZyK-320x213-MM-100
 
FPの工藤清美です。
 
日経平均株価の終値で
最も高かったときはいくらかご存じですか?
 
1989年12月29日の38915.87円です。
当時はマーケットは盛り上がり、
この先5万円くらいまでいくだろう…
なんて言われていました。
 
しかし、この日を境に急落。
その後、日本株は低迷期に突入していきます。
 
では、もしこの最高値から毎月1万円ずつ投資をする
積立投資をはじめたら
今はどうなっているのでしょうか?
大損をしているのでしょうか?
 
積立条件を以下の通りとし、
シミュレーションをしてみました。
 
・1989年12月29日をスタートとし
 毎月29日に1万円を日経平均株価に投資をする
 
・29日がお休みの場合は翌営業日を投資日とする
 
結果は???
 
本日2016年10月4日の終値時点で
なんと62万1454円のプラスです。
投資した金額は合計で322万円。
よって、資産は384万1454円に増えている
ということになります。
 
日経平均が4万円近くのときに投資をはじめて
今はその半分以下。
それでもコツコツと積立投資をしていたら
資産は増えていた、ということになるのです。
 
積立投資は投資をする時期を分散させるので
投資をはじめたときの価格の影響は小さくなります。
リスクをコントロールしながら投資を続ける。
これが個人投資家の賢い投資方法です。