ビジネスを成功させる3つのポイント

写真:講演の帰りに撮った東京タワー
 
 
2017年5月12日(金)
起業し、ビジネスを成功させる3つのポイント
 
◆大きなトレンドをみること
◆徹底的に準備をすること
◆清い心を持って挑戦する(飛ぶ)こと
 
これは今日お話をお聴きした
千本倖生氏の言葉です。
 
今日は、
キャピタル・アセット・プランニング主催の会に参加し、
千本倖生氏の講演を聴いてきました。
 
千本氏は、
第二電電株式会社(現KDDI)、
イー・アクセス、
イー・モバイルをゼロから立ち上げた方で、
まさに起業家。
 
現在では、
レノバという再生可能エネルギーの会社の
代表取締役会長をされています。
 
千本氏のお話の備忘録として
ここに書き残しておきたいと思います。
 
・人との出会いが大切
人生には少なくとも3回の
大きな出会いがある。
多くの人はそれを活かしきれていない。
 
・人のためになることをする
儲けのために起業してはダメ
社会に役立つことをやる!
その理念が大切。
世の中にとって正しいことをやる。
社会貢献の清い心が大切。
 
・大きな目標をもつ
人は目標を立てたとしても、
その目標を超えることは難しい。
そこそこで満足してしまう。
ならば
とにかく大きな目標をつことが大切。
 
・チームとして活動する
一人ではダメ。
一人では間違えてしまう。
優秀なマネジメントチームを
いかに構成できるかが大事。
 
・いつも謙虚、感謝の気持ちをもつ
 
・大きな矛盾があるところには
大きなマーケットがある
 
 
ここで、私自身の話に
置き換えてみたいと思います。
 
私は販売者側ではなく、
顧客側に立った
プライベートファイナンスに関する相談業を
日本に広げていきたいと思っています。
 
このところの金融庁のコメントにもあるように、
今の日本には、
個人の顧客側に立った
コンサルティングを行なっている所はない
と言っても過言ではないでしょう。
 
銀行や証券会社、保険代理店等、
既存の金融機関などは、
手数料収入が利益の源泉なので、
顧客とどうしても利益相反してしまいます。
 
ここに日本の金融界における
大きな矛盾があるのではないでしょうか?
 
我々独立系FPはまだまだ知られていません。
本当に顧客の側に立ち、
顧客の資産を守りながら増やしていく。
それができるのは、
顧客から報酬をいただき
コンサルティングを行う
独立系のFPだと思っています。
 
だから、
顧客側に立ちコンサルを行う
独立系FPがもっと広がれば、
きっと個人一人ひとりのためになる
と思うのです。
 
今日のお話を聞いて、
自分自身の理念が
間違っていないということが
再確認できました。
 
 
最後に
このような会を開催してくださった
キャピタル・アセット・プランニングさん
ありがとうございました。
 
 

もし、1989年12月から米国株式で積立投資していたら?


 
2017年5月5日(金)
こんにちは、FPの工藤清美です。
 
5月3日に書いたブログ
「もし、日経平均最高値のときに積立投資をはじめたら?(5月1日現在)」
に続いて、
今回は米国株式で
同じシミュレーションをやってみたいと思います。
ここでは米国株式の指数の一つである
ダウ平均に投資した場合をみていきます。
 
投資は、日経平均の最高値であった
1989年12月29日にスタート。
毎月29日(29日が休日等の場合は翌営業日)に
1万円を投資。
それを円換算してシミュレーションを行いました。
 
その結果は・・・?
 
なんと
625万4346円(2017年5月1日時点)のプラスです!
累計投資額は329万円。
資産は2.9倍にまで増えていることになります。
 
複利の年間利回り(IRR)は約4.4%。
なかなかなのではないでしょうか?
 
投資の基本は分散投資。
海外の株式などを上手に組入れ
資産分散することが、
資産を上手に殖やしていくポイントですね。
 
 
“エフピーブラッサム/工藤清美”
 

もし日経平均最高値のときに積立投資をはじめたら?(5月1日時点)


 
2017年5月3日(水)
こんにちは、FPの工藤清美です。
 
何かが起こるかも…といった
北朝鮮の地政学リスクが後退し
4月後半から株価は急上昇していますね。
 
しかし、長期投資家にとって
短期的な株価の変動は
それほど大きな問題ではありません。
 
淡々と積立投資をしていけば、
日々の価格変動は、
それほど関係ないからです。
 
株価が上昇しているといっても、
日経平均の最高値である
1989年12月29日の終値は38915.87円。
そして、2017年5月1日の終値は19310.52円。
まだまだ、やっと半分まで回復した程度です。
 
その最高値から毎月1万円ずつ積立投資をしたとすると
今はどのくらいの利益をえているのでしょうか?
 
2017年5月1日時点でいうと
なんと121万4174円のプラスです!
累計投資額は329万円。
株価は投資スタート時点からは
半分程度にしか戻っていないのに、
資産は1.37倍にまで増えていることになります。
 
ただ、複利の年間利回り(IRR)を計算すると約2.2%。
これをヨシとするかは、
意見が分かれるところかもしれません。
 
しかし、価格変動リスクを回避するという点では
時間の分散は有効な投資方法の一つだと思っています。
だって、相場は読めませんから…
 
もし、日経平均最高値のときに全額を投資し
ずっと塩漬け状態であったならば、
その資産は半分ほどに減ってしまっていることになります。
そのような投資方法だけは避けたいですね。
 
 
“エフピーブラッサム/工藤清美”