家の仕事について考える



2017年2月5日(日)
 
こんにちは、FPの工藤清美です。
 
今日は、「家の仕事」について考える
ワークショップに参加してきました。
こちらは、内閣府とWAFP関東共催で、
FP向けでは全国初の開催です。
 
「家の仕事」とは「家事」のことです。
 
家事を分担するためのワークショップ、
というと、
世の中の男性は引いてしまうかも
しれません。
 
でも、「夫婦、または家族で、
どのような生活を送っていきたいか」
「どうやったら、
みんながハッピーになれるのか」
といった視点で、
家の仕事のあり方を考えたら、
きっと新しい発見が
あるのではないでしょうか?
 
家事の押し付けではなく、
みんながハッピーになるために
お互いの時間を
どのように使っていけばいいのか、
ということを夫婦で一緒に考えるのです。
これはライフプランを考えることにも
つながります。
 
その結果、
みんながハッピーな形で
家の仕事をシェアし、
ママが外でも仕事ができるようになれば、
家計も潤います。
 
パパが家事や育児にもっと参加できれば、
パパの家庭での居心地も、
今よりもさらによくなるでしょう。
 
そうしたら、
家庭も、家計も、
もっとハッピーになるはず…💛
 
今回使用したワークシートは、
以下の内閣府HPからダウンロードできます。
是非、利用してみては?
“夫婦が本音で話せる魔法のシート「○○家作戦会議」”
 
 
“エフピーブラッサム/工藤清美”