ビジネスを成功させる3つのポイント


写真:講演の帰りに撮った東京タワー
 
 
2017年5月12日(金)
起業し、ビジネスを成功させる3つのポイント
 
◆大きなトレンドをみること
◆徹底的に準備をすること
◆清い心を持って挑戦する(飛ぶ)こと
 
これは今日お話をお聴きした
千本倖生氏の言葉です。
 
今日は、
キャピタル・アセット・プランニング主催の会に参加し、
千本倖生氏の講演を聴いてきました。
 
千本氏は、
第二電電株式会社(現KDDI)、
イー・アクセス、
イー・モバイルをゼロから立ち上げた方で、
まさに起業家。
 
現在では、
レノバという再生可能エネルギーの会社の
代表取締役会長をされています。
 
千本氏のお話の備忘録として
ここに書き残しておきたいと思います。
 
・人との出会いが大切
人生には少なくとも3回の
大きな出会いがある。
多くの人はそれを活かしきれていない。
 
・人のためになることをする
儲けのために起業してはダメ
社会に役立つことをやる!
その理念が大切。
世の中にとって正しいことをやる。
社会貢献の清い心が大切。
 
・大きな目標をもつ
人は目標を立てたとしても、
その目標を超えることは難しい。
そこそこで満足してしまう。
ならば
とにかく大きな目標をつことが大切。
 
・チームとして活動する
一人ではダメ。
一人では間違えてしまう。
優秀なマネジメントチームを
いかに構成できるかが大事。
 
・いつも謙虚、感謝の気持ちをもつ
 
・大きな矛盾があるところには
大きなマーケットがある
 
 
ここで、私自身の話に
置き換えてみたいと思います。
 
私は販売者側ではなく、
顧客側に立った
プライベートファイナンスに関する相談業を
日本に広げていきたいと思っています。
 
このところの金融庁のコメントにもあるように、
今の日本には、
個人の顧客側に立った
コンサルティングを行なっている所はない
と言っても過言ではないでしょう。
 
銀行や証券会社、保険代理店等、
既存の金融機関などは、
手数料収入が利益の源泉なので、
顧客とどうしても利益相反してしまいます。
 
ここに日本の金融界における
大きな矛盾があるのではないでしょうか?
 
我々独立系FPはまだまだ知られていません。
本当に顧客の側に立ち、
顧客の資産を守りながら増やしていく。
それができるのは、
顧客から報酬をいただき
コンサルティングを行う
独立系のFPだと思っています。
 
だから、
顧客側に立ちコンサルを行う
独立系FPがもっと広がれば、
きっと個人一人ひとりのためになる
と思うのです。
 
今日のお話を聞いて、
自分自身の理念が
間違っていないということが
再確認できました。
 
 
最後に
このような会を開催してくださった
キャピタル・アセット・プランニングさん
ありがとうございました。