◆◆プロフィール◆◆

大学卒業後、日系シンクタンクに入社、
メガバンクのシステム設計に従事。

後、出版社に転職し、
レジャー雑誌・経済誌等の取材記者として
国内外を取材・執筆。
政治家・経営者等、多数取材。
 
夫の仕事でシンガポールに3年間駐在。
現地で二人の子どもを出産。
帰国後、子育てをしながらフリーライターとして活動。
その後、メガバンクのディーリング・ルームに勤務。
デリバティブ取引のリスク管理等を担当。
 
銀行に勤務しながら社会人大学院に通学し、
ファイナンスMBAを取得。
 
現在は、FPとして独立し、
個人相談を中心に
一人でも多くの方が自分の目標とする人生を送れるよう
サポートを行う。
セミナー・執筆なども多数行う。
 
◆◆私の思い◆◆

あなたは、将来の人生プランを持っていますか?
この先、どのような人生を生きていきたいですか?
仕事は?
家族は?
結婚は?
子どもは?
家は?
そして、お金は???
 
結婚する時、家を買う時、
お金のプランニングはとても大切です。
若い世代は早めにライフプランを組み、
将来を見える化することにより
夢や希望を実現する可能性を
高めることができるでしょう。
 
そして、資産運用。
今は預貯金だけではほとんどお金は増えません。
将来プランを実現させるためには
お金に働いてもらう“運用”という考え方もとても重要です。
でも、どうしていいかわからない
という方が多いのも事実でしょう。
運用では、ポートフォリオ(資産配分)が
利回りの9割を決めるといわれています。
よって、その方の財産全体から、
どのくらいリスク資産を保有すべきなのか、
どのくらいの利回りを求めていくのか、
それを達成するためには
どのようなポートフォリオにすべきなのかなど、
一人ひとりのリスク許容度を確かめながら
一緒に考えていきます。
 
リタイア世代の方は、
そろそろ相続についても気になるところでしょう。
しかし、あなたには
まだまだこの先10年20年の人生があります。
この先の人生をどのように生きていきたいですか?
まだまだやりたいことがあるのではないですか?
まず、そこが重要なのではないでしょうか?
リタイア後の充実した人生を生きていくための
ライフプランニングを一緒に作りませんか?
 
とはいっても相続の問題もとても重要です。
相続相談といえば
税理士などを思い浮かべる方も多いかもしれません。
確かに相続税の問題は重要です。
しかし、相続とは税金だけの問題ではありません。
相続対策には遺産分割、
そして相続税の2つの問題があります。
中でも大事なのは、
親族が争うことのないように、
遺産を誰にどのようにのこしていくのか、
ということではないでしょうか?
リタイア後の人生を充実させながら、
節税対策、納税資金対策、
そして、遺産分割についても
最善の策を一緒に考えていく、
それがFPならではの対応だと思っています。
 
私は、FPはご相談者様の人生のサポーターだと思っています。
その方の将来のプランに寄り添い、
それを達成するためのお手伝いをしていく。
そのために、
あらゆる知恵、知識、人脈を活かしながら
サポートをしていくことが仕事だと思っています。
 
ご相談内容は一人ひとり異なるため、
そのときにベストだと思われる方法を一緒に考え、
ご提案していきたいと思っています。
 
そして、ご相談者様の人生の長きに渡って
お付き合いできるFPでありたいと思っています。
 
大変長くなりましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたと、お会いできることを楽しみにしております。

【学歴】
立教大学経済学部経済学科 卒業
早稲田大学大学院ファイナンス研究科 修了
(ファイナンスMBA)
 
【資格等】
・ファイナンシャル・プランナー
(日本FP協会CFP(R)認定者)
・1級FP技能士
・DCマイスター
・1種証券外務員
・東京大学 市民後見人養成講座 修了
 
【主な著書・共著】
これで一冊安心、相続の諸手続き、届出、税金のすべて
(ナツメ社)
スッキリわかる証券外務員一種
(TAC出版) 他
 
【メディア掲載】
日経新聞、日経ヴェリタス、日経WOMAN、共同通信社、読売新聞、他
 
【主な講演先】 
日本証券業協会、日本FP協会、放送大学、昭和女子大学、山形県庁 他 
 
【賞など】
・2012年
論文「ドルコスト平均法の有効性の分析
~リスクの視点から」で、
第7回日本FP学会賞「日本FP協会奨励賞」を受賞
 
・2013年
早稲田大学大学院ファイナンス研究科にて
研究科長賞を受賞
 
【所属団体】
・日本FP学会 正会員
・日本FP協会 千葉支部幹事
・放送大学講師
・WAFP(女性FPの会) 理事
・ファイナンス稲門会 ワーキンググループ

▲ Page Top