(ブログ内記事の検索)

債券価格と金利の関係を確認しよう!


 
2019年3月19日
 
FPの工藤清美です。
 
今回は私が毎月書いている
ニュースレターより
債券と金利の関係について
プログに掲載いたします。
 
債券には
国が発行する国債、
企業が発行する社債などが
あります。
 
債券とはいわゆる借用書、
つまり、
国や企業にお金を貸していることを
証明する証書と考えてよいでしょう。
 
お金を貸しているので満期があり、
満期がくると貸した分のお金が
返ってきます。
 
そして、
貸している期間中は
あらかじめ決められた利息を
受け取ることができる、
というのが基本的な債券の仕組みです。
 
よって、
満期まで債券を保有していれば、
元本は返ってきます。
 
しかし、
債券は期間途中で売却することも可能です。
途中売却時は時価で売買されるため、
元本割れすることもあれば、
上回ることもあります。
 
その時の債券価格に
大きな影響を及ぼすのが
金利状況です。
 
債券価格と金利には
「金利が上昇→債券価格が下がる」
「金利が下落→債券価格が上がる」
という関係があります。
 
 例えば、
AさんがX社の債券
(期間10年、利息2%、価格100万円)
を購入したとしましょう。
 
2年後、
AさんはX社の債券の売却を考えました。
その時、
世の中の金利が上昇していたとします。
 
市場には
Y社の債券
(期間8年、利息2.5%、価格100万円)
が売出中です。
 
Aさんが売却するX社の債券と
Y社の債券、
どちらの人気が高いでしょうか?
 
残存期間が同じならば
利息が高い方がよいですよね?
 
よって、
AさんのX社の債券は100万円よりも
価格を下げなければ売れない、
ということになります。
 
(※X社とY社の信用度は同等とする)
 
当事務所では
お客様のライフプランを実現するたの
資産運用に関するアドバイスを
行っております。
 
是非お気軽にご連絡ください。
  

民法改正、自筆証書遺言が使いやすくなりました!


2019年3月17日

私が毎月書いている
ニュースレターより
今回は40年ぶりに行われた
民法改正において
プログに掲載いたします。
 
遺言書には、
公正証書遺言、
自筆証書遺言、
秘密証書遺言の
3種類があります。
 
昨年行われた民法改正では、
そのうちの自筆証書遺言が大きく変わり
使いやすくなりました。
 
主な改正点は以下の通りです。
 
・財産目録について、パソコン作成、代筆、登記事項証明書や預金通帳のコピー等の利用が可能に(ただし、自筆でないページはすべて署名押印が必要)。
・自筆証書遺言を法務局で保管できる。
・保管制度を利用すれば、「検認」は不要。
 
自筆証書遺言とは、
遺言者が自分で遺言の内容を紙に手書きをし、
日付と氏名を記し、
署名押印し作成する遺言書のことをいいます。
 
従来は財産目録も含め、
すべてを手書きで作成する必要があり、
保管も自分で行い、
相続時に親族が自筆証書遺言を見つけた場合は、
その遺言書を未開封のまま裁判所に持ち込み
「検認」の手続きを
受けなければなりませんでした。
 
それが、今回の改正により
パソコン作成や登記事項証明書の利用等が
可能となり、
法務局での保管制度が新設され、
この保管制度を利用すれば
「検認」の手続きも不要となります。
 
ただし、
自筆証書遺言の作成には
一定の書き方が定められており、
不備があると
遺言の効力が失われる可能性があります。
 
よって、
確実に遺言書を作成したい場合は、
やはり公正証書遺言の作成を
お勧めいたします。
 
なお、
パソコン作成等については2019年1月から、
法務局での保管制度については7月から
施行される予定です。
 
当事務所では
相続対策や
遺言書の作成等も
顧問弁護士や税理士と一緒に
サポートすることが可能です。
 
ご希望の方は
お気軽にご連絡ください。
  

米国のお客様とZoom面談


 
先日、
米国在住のお客様からのご依頼で
Zoom面談を行いました。
 
こうやって、
国境も関係なく
面談ができるようになるのだな、
と実感しました。
 
ZoomはFP仲間との会議などでは
よく使っているのですが、
便利ですよね。
 
世の中の動きは本当に速いです。
 
今まで一斉を風靡していた技術が
あっという間に他のものに変わってしまう。
 
まだまだ使いこなせていないので
新しい技術についていくのが大変です。
 
毎日が学びですね~
  

世田谷のサロンで女性のための資産運用セミナーを実施しました


 
2019年1月12日、19日、26日の
3回に分けて
昔からのお友達の藤衣さんと一緒に
世田谷の素敵なサロンで
資産運用セミナーを実施しました。
 
参加者のみなさんに
最初の聞いた資産運用のイメージは
「怖い」
「よく分からない」
「元本割れ」
「損してしまう」
・・・
など散々たるもの。
 
でもこのセミナーを終わったあとには
 
「お金への苦手意識がつよい私でもすんなりと聞けました!」
「私も初めてみたいと思います!」
「私でもできそうです!」
など前向きなコメントをたくさんいただきました。
 
ちゃんと運用のことが理解できれば
米国のように
資産運用が当たり前になると思うのです。
 
日本では投機的な情報が
まだまだ多すぎますね~
  

MONEY PLUS-くらしの経済メディアにコラムが公開されました


 
家計簿アプリで有名な
マネーフォワードが展開する
「MONEY PLUS-くらしの経済メディア」 に
コラムが公開されました。
 
住まいの賃貸OR購入の検討するうえでのポイント
などをまとめています。
 
UR賃貸住宅のお得な情報もありますよ。
  
コラムはこちらです。
賃貸OR購入、長年の「住まい選び論争」あなたならどっち?
  

NYのFP事務所、米国研修③


 
今回訪問した
Francis Financialは、
NY証券取引所の
すぐ近くにあります。
マンハッタンの一等地!
 
米国FP事務所を訪れるのは
昨年のオースティンにつづき
2か所目です。
 
Francis Financialの代表
Stacyさんは、
とても物腰の柔らかい、
優しそうな女性です。
 
しかし、
事務所の預かり資金は。
毎月500万米ドル流入しており
今、急成長しています。
 
FP先進国である米国。
それでも20年前は
今の日本と同じような状態だったそうです。
 
当時は米国でも
収入源はコミッション(手数料)がメイン。
商品を販売することが
主な業務でした。
 
しかし、今の米国では
お客様からフィーを頂き
お客様のライププランの実現のために
アドバイス&サポートするという
サービスが急速に広がってきています。
 
フィー中心のFP事務所が
米国で発展する姿を目のあたりにすると、
きっと日本でも同じことが
近い将来起こるだろうという希望が
確信に変わってきます。
 
今後も継続的にコンタクトをとり
日本のFP事務所の発展に
活かしていきたいと思います。
 


  

NAPFAカンファレンス、米国研修②

 
10月16日から18日までは
米国のFP団体「NAPFA」の
カンファレンスに参加してきました。
 
NAPFA
(The National Association of Personal Financial) は、
お客様からの顧問料のみを収入源とする
フィーオンリーのFP事務所の団体です。
会員は3000名ほど。
そして、その半分は女性とのことです。
 
NAPFAの会員は、
金融機関などからのコミッションを
受け取らないため、
クライアントとの利益相反が生じず、
クライアントと同じ目標に向かって
サポートをすることを理念としています。
 
春と秋の年2回、
全米のNAPFA 会員が一箇所に集まり、
研修や交流会などの
カンファレンスを開催します。
 
その一つに我々も参加してきました。
 
朝7時ごろから夜まで、
様々な研修や交流会が開催され、
その中から興味のあるものに
参加していきます。
 
マーケティングや
FPビジネスに関するノウハウ、
最新の資産運用情報など、
内容は盛りだくさん。
 
驚いたことの一つとして、
他との差別化を図るための
アドバイスとして、
保険の提案のセッションがあったことです。
 
保険のアドバイスが多い
日本のFP事情からみると
「いまさら?」という感じでした。
 
でももしかしたら、
保険アドバイスが多過ぎる日本の状況が
世界からみると
普通でないのかもしれません。
 
死亡リスク等を回避するための
保険は有効かと思いますが
資産形成のための保険に関しては
どうしても手数料が高いので、
コミッションを受取らない
NAPFA会員からすると
「保険→手数料が高い→顧客のためにならない」
という考えになります。
 
会場では
「本当にクライアントのためになるのか?」
とプレゼンターが
厳しい質問攻めにあう一幕もありました。
 
 
今回のカンファレンスでは
『米国FPの友達を作ること』
も目的の一つにしていました。
 
たくさんの米国FPの友達ができました!
今後はお互い日米のFP事情について
情報交換していきたいと思います。
 
 





FPの父といわれるGeorge Kinderさんと
  

ヴァンガード社訪問、米国研修①


ヴァンガード本社
 
2018年10月13日~24日まで、
米国研修に行ってきました。
 
場所は、
フィラデルフィアとニューヨーク。
 
研修内容は
フィラデルフィア
・世界最大の運用会社ヴァンガード社訪問、研修
・米国のFP団体「NAPFA」主催カンファレンスへの出席
 
ニューヨーク
・ニューヨーク証券取引所(NYSE)訪問
・FP事務所訪問
 
まずは10月15日の
ヴァンガード社の報告です。
 
フィラデルフィアのダウンタウンから
車で40~50分。
緑あふれる広大な敷地の中に
ヴァンガード本社はあります。
 
広大な敷地には16棟の建物が配置され、
16,000名もの社員が働いているそうです。
 
低コスト・インデックスファンドの
第一人者であるヴァンガード社。
その運用資産総額は5.1兆ドル。
日本円にすると(1ドル=112円)
約571.2兆円。
 
なんと日本のGDP(557兆円(2018年))
以上の規模ということになります。
 
10月15日のヴァンガード本社での研修は、
ヴァンガード社の経営方針や
リテールサービス、
アドバイザーサービス、
マーケティングなどについて、
9時から17時までびっちりと勉強してきました。
 
創立1975年。43年前から
Client Focus
Low cost
Long-term thinking
の理念を徹底してきたその姿勢は、
本当に素晴らしいと思いました!
 
売上を目標とせず、
顧客を満足させることを目標とし、
結果として売り上げが伸びるという、
理想的な経営を一貫して続けています。
 
最近では、
ロボアドバイザーと人による
アドバイザーサービスなど、
ハイブリットなサービスにも力を入れているとのこと。
 
今回のヴァンガード社訪問を通して、
日本で資産運用を広げていくには、
FPとして
投資家に本当に正しい投資の考え方を、
もっともっと伝えていかなければいけない。
 
その役割は
クライアントと同じ目標を持ち
クライアントの資産を増やし
守っていくことが仕事である
私たちFPがすべきこと、
私たちFPにしかできないことだと
確信しました。
 
ヴァンガード社の皆様
ありがとうございました。
 

集合写真

広々としたおしゃれな食堂

色んなグッツも
  

金融機関への不満爆発!?


 
こんにちは、FPの工藤です。
 
7月29日、
隅田川花火大会を初めて生で観てきました。
 
場所は、
高校時代の友達のお友達の自宅屋上。
BBQをしながらの花火鑑賞は
サイコーでした。
 
そこでの一コマ。
70歳のおじいちゃんのお話。
おじいちゃんといっても、
シャキシャキの下町っ子で、
まだまだ現役という感じ。
 
仕事のことを聞かれたので、
「FPとして、
お金や資産運用のご相談にのる
お仕事をしてるんですよ~」
と説明をしたら、
「証券会社にはやられたよな~」
と出てくる出てくる、金融機関への不満。
 
おじいちゃんの話は続きます。
 
「オレはお金を増やしたいと思って
あいつらにお金を預けた。
そしたら、
買ったものがドンドン下がっていくだろ。
そしたら、証券会社のやつが
『今回は下がってしまったので、
次はこちらにしましょう』
と別の商品に移す。
そしたら、
それもまたドンドン下がっていく。
買い換える度に手数料を取られ、
その度に損は膨らんでいって、
結局、今は10分の1になっちまったよ」
 
おじいちゃんの話は止まりません。
 
「ちゃんと仕事をしてくれるなら、
手数料を払うのは別にいい。
でも、あいつらは
オレの資産なんてどーでもいいんだよ。
手数料さえ手に入れば…。
オレが『もう動かすな!』っていっても、
『いや、このまま持っていても
損が膨らむだけですよ』
と言われれば、
動かした方がいいのかな?て思うじゃん。
でも、結果この有様さ!」
 
私は
言葉に詰まりました。
 
まだまだ、
こういう思いをしている方が
たくさんいるんだろうな…。
 
長年汗水垂らして貯めてきた大切なお金。
やり方次第では、
しっかりと増やせたはずです。
では、なぜ増やせなかったのか?
 
金融機関は
投資家からの手数料が主な収入源。
このことを
個人投資家は理解する必要があります。
 
金融機関と投資家は
利益相反してしまうのです。
 
それを理解した上で
金融機関とお付き合いする
必要があるのです。
 
米国や英国では、
お客様からフィーを頂いて
資産形成のサポートをする
FPサービスが
最近急速に伸びてきています。
 
資産額の〇%というフィーを頂く
ビジネスモデルの場合、
お客様の資産が増えれば
FPの収入も増えます。
 
だから必然的に
お客様の資産が増えるように
サポートします。
 
日本でも近い将来
きっと広がるサービスだと
思っています。
 
 
※写真は夜の浅草寺。
  

継続的サポートの重要性


起伏が多く難しいコースでした
 
2018年5月13日(日)
 
こんにちは、FPの工藤です。
GW、みなさんはどのように過ごしましたか?
 
私は主人と娘とでゴルフに行ってきました。
1月からゴルフレッスンに通っているので
どのくらい上手になったかな?と
楽しみだったのですが
結果は…
 
散々たるものでした(TT)
練習ではなかなか良い感触だったのに
いざ広いコースに出ると、
なかなか思うようにはいきません。
ついつい、いつものクセが出てしまいます。
 
クセってなかなか直らないものです。
特にテンパってしまうと
益々ドツボにはまっていきます。
 
そう甘くはないなぁ~と反省をし
今はプロコーチにもう一度基礎から
習い直しているところです。
 
これって…
お金に対する考え方、使い方と
同じだと思いました。
 
お金に対する考え方、使い方は
その方の長年の習慣や経験などが
関係してきます。
一度コンサルを受けたからと言って
すぐにそれが変わるわけではありません。
 
「こうしてくださいね」と
指示を受けたからといって
それを自分一人ですべて実現できる方は
私の経験上、ほとんどいません。
 
お金をかけてコンサルを受けたとしても
実行しなければ、何も変わりません。
逆にお金と時間を無駄にしたことになります。
 
また一時的にできたとしても
時間が経つと、
以前のように戻ってしまいます。
 
私は、FPはお客様の顧問FPとして
長期的サポートを
提供していくべきだと思っています。
 
まだまだ日本では
知られていないサービスかもしれませんが
米国などでは一般的なサービスです。
 
私が今プロコーチから習い直しているように
何度も何度も
お金の使い方を修正したり
その考え方を確認することは重要です。
 
お客様とFPとが二人三脚で
進んでいくことこそが
その方のファイナンシャル・ゴールへの
一番の近道ではないでしょうか?