(ブログ内記事の検索)

ゴールベース資産管理とは?


 
2020年1月26日(日)
 
エフピーブラッサムの工藤清美です。
 
先日、
若手FP勉強会に参加してきました。
私は若手ではありませんが(笑)、
お誘い頂いたので参加してきました。
 
登壇されたのは、
資産運用ロボアドバイザーで、
今伸び盛りの会社「ウェルスナビ」で
リサーチをされている、吉江雅史さん。
 
もちろん、ウェルスナビについての
お話しがメインだったのですが、
ここでお話ししたいのは
ウェルスナビについてではありません。
 
ウェルスナビさん、ごめんなさい。
 
ウェルスナビについては、
独自セミナーをやっていらっしゃる
とのことなので、
ぜひそちらにご参加ください。
 
今回、私が興味をもったのは、
セミナー内でちょこっと紹介された、
「米国投資商品調査報告書」
というレポートです。
 
このレポートは、
金融庁が野村総合研究所アメリカに
依頼して作成されました。
 
米国投資信託等の
経費率、手数料、販売状況等について
分析されています。
 
レポートにご興味のある方は、
ブログの最後にURLを添付しておきましたので、
直接読んでみてください。
 
レポートで特に私が興味を持ったのは、
P26以降の「米国投資商品販売における
最近の潮流と構造的転換」の内容です。
 
「ゴールベース資産管理」
 
この言葉が何度もレポート内にでてきます。
お客様のゴールを聞き出し、
それに合わせて
資産形成のお手伝いをしていくという方法です。
 
米国では90年代半ばより
この考え方が普及しはじめ
現在では米国の対面アドバイザーの8割以上が
この「ゴールベース資産管理」の
アプローチを採用しているとのことです。
 
「ゴールベース資産管理」とは、
まさに弊社で行っていることです!
 
お客様が今後どのような人生を送りたいのか、
家族、仕事、プライベート等において、
どうしていきたいのかという
ライフプランをお聞きし、
そのためにどのように資産形成・管理を
していけばよいのか、
ということをプランニングすることです。
 
ゴールとは「いくら貯めたいのか?」
ということではなく、
「どのような人生を送りたいのか?」
ということです。
 
・家族がのびのび暮らせる家を買いたい
・子どもに留学をさせたい
・リタイア後も今の生活水準を維持したい
・毎年海外旅行に行きたい
・転職をして年収が下がったとしても、自分の自由な時間を優先したい
 
そんな一人ひとりの
具体的なライフプランをお聞きし、
では、
それを実現するためにはどうすればいいのか、
ということを考えていくことです。
 
そして、
ちゃんと思いが実現できているのか?
プラン通りに資産形成・管理ができているのか?
 
一人ひとりのゴールを実現するために、
何度もレビューをしながら、
お客様と一緒に伴走していくことが
とても重要だと考えています。
 
日本ではまだまだこのようなサービスを
行っているところは少ないのが現実です。
 
多くのFP事務所は、
ライフプランを作成して終了
というところが少なくありません。
 
また、金融機関は
まだまだ商品を売ることが
主となっているのではないでしょうか?
 
弊社では、
この「ゴールベース資産管理」が
もっと日本でも広がっていくべきだ
と考えています。
 
そうすれば、
お客様ももっと安心して
資産運用に取り組めるはずです。
 
 
「米国投資商品調査」報告書/野村総合研究所アメリカ2019年4月
 

キャッシュレスの行く先は?


 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
 
日経新聞で気になる記事を見つけました。
「キャッシュレスよりキャッシュ・アクセス」
 
現在、日本では国をあげて
キャッシュレス化が推し進められています。
 
消費税増税後の
キャッシュレス決済でのポイント還元は
その一つですね。
 
しかし、
すでにキャッシュレス化が進んでいる
海外では
その逆の現象が起こっているとのこと。
 
米国では、小売店などで
現金決済を断られるケースもあるようですが、
それを禁止したり、
現金決済に高いチャージを課すことを
禁止する州もでてきているとか。
 
スウェーデンでも
金融機関にキャッシュ・サービスの提供を
義務付けることにしたそうです。
 
キャッシュレス決済が進んだことにより
キャッシュレス決済を使える人と
使えない人との間の
格差が問題になっているようです。
 
日本では「○○Pay」などが乱立しており
乱立しすぎて
何を使ったらよいかわからない状態です。
 
私自身、いくつか使ってみましたが
結局クレジットカードが
メイン決済手段となっています。
 
もちろん、クレジットカード決済も
キャッシュレス決済ですが、
○○Payの乱立が
キャッシュレス決済を
より複雑にしてしまっているように思います。
 
また、年配の方などは
現金主義の方も多く、
ポイント還元のメリットを
受けられていない方も
多いのではないでしょうか?
 
ある程度キャッシュレス化が進んだとしても
偽札の不安がなく、
現金の信用度が高い日本では
結局は
現金決済が重要なポジションを
維持し続けるのかもしれませんね。
  

明けましておめでとうございます


 
明けましておめでとうございます。
 
年末年始、
みなさんはどのように過ごされましたか?
 
私は、今回の年末年始は仕事は一切せず、
ゆっくりと家族との時間を過ごしました。
 
医学生の長男は3年前から学校近くに一人暮らし。
 
そして、ついに長女も
昨年、外資系コンサル会社に就職し
職場近くで一人暮らしをはじめました。
 
というわけで、
我が家にとってお正月は、
家族みんなが集まるとても大切な時間。
 
いつも一緒にいたころは
一緒にいるということが当たり前でした。
 
でも、その当たり前が当たり前ではなくなると
実はそれはとても貴重な時間だった
ということを実感しています。
 
子どもたちが成長していくと、
同じ空間で同じ時間を過ごすということが
益々難しくなっていくと思います。
 
これからも
一つ一つの時間を
大切にしていきたいと思います。
 

 
とはいうものの、
子どもたちが帰った後は
今年も全力で仕事をやっていきます。
 
今年実現したいことは3つです。
 
1:法人としてお客様のサポート体制を整える
 
昨年法人化しました。
 
今年は法人として
顧問のお客様へのサポート体制を
さらにしっかりとしたものに
整えていきます。
 
お客様に役に立つ情報を積極的に発信し
より充実したサービスを
提供していきます。
 
 
2:FPサービスの重要性をを広める
 
そして、今年は
外への情報発信も
積極的に行っていきます。
 
ライフプランを作り、
資金計画をしっかりと立て
資産形成、運用、管理を
行っていくということは
全ての人に必要なことです。
 
しかし、日本ではまだまだその重要性、
そして、その効果は知られていません。
 
状況が変わるごとにライフプランを見直し
それに合った資金形成を行っていく、
そうすることにより、
お金に対する不安から解放され
自分の理想とする人生を
実現することができるのです。
 
この基本的なことを
しっかりと根気強くお伝えしていきます。
 
 
3:FP業界のレベルアップに寄与する
 
FP業界においても
キチンとお客様の立場にたって
ライフプランの実現のために
継続的にお客様のサポートを行うFPは、
まだまだ少ないのが現状です。
 
満足度の高いサービスを提供できれば
自然とFPサービスも広がっていくはずです。
 
FPサービスでお客様もHAPPYになる。
FPサービスが広がりFPもHAPPYになる。
 
そんな良い循環を生み出せたらいいな
と思っています。
 
自分自身の経験から伝えられることを
積極的に伝えていき
微力ながらFP業界のレベルアップに
寄与していきたいと思います。
 
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
株式会社エフピーブラッサム
代表取締役 工藤清美

カンボジアレポ―ト(2)病院視察


 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
 
2019年12月21~25日まで
カンボジア・プノンペンに
行っていました。
 
今回のカンボジア視察では
長い間、弊社の顧問サービスを
続けてくださっている医師のお客様と
医学生の息子も一緒だったので
病院を視察しました。
 
カンボジアの病院は
国立、私立ともにありますが
そのレベルは様々です。
 


 
今回視察したのは
プノンペン市内にある
クメール・ソビエト友好病院
(KHMER-SOVIET FRIENDSHIP HOSPITAL)。
 
1960年にソ連の支援によりたてられた病院です。
 
カンボジア最大の国立病院のため
カンボジア全地域から
患者さんが集まってきます。
 
診察を待っているのか
暑い中、
廊下には患者があふれていました。
 
ケガをした患者が眠っているベットが
廊下に放置?されている
という理解しがたい状況も目にしました。
 
機材はもちろん、衛生面でも
まだまだ十分ではないようです。
 
それでも
「以前はかなりきつい匂いがしていたが
それは改善された」
と現地の知人は話してくれました。
 


 
日本式医療サービスを提供する
日系病院もいくつかあるようですが
そのような病院は富裕層向けです。
 
今回は一般の現地の人々が訪れる
病院とのことで、
リアルなカンボジアの医療状況を
視察できたのではないかと思います。
 
まだ具体的な案があるわけではありませんが
将来、何らかの形で
カンボジアの医療や
将来を担う子どもたちの力に
なれたらいいな、と考えています。
 
 

カンボジアレポート(1)要人の新居パーティ


 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
12月21日~25日まで
カンボジア・プノンペンに
行ってきました。
 
カンボジアは今回で4回目なのですが、
毎年新しい発見があります。
 
数回にわけて
レポートしていきたいと思います。
 
今回は知人の紹介で
カンボジア政府の要人の
新居パーティにお邪魔しました。
 
カンボジアの人々は
とてもパーティ好きのようです。
 
結婚式はもちろん、
新居お披露目パーティ、
お誕生会
などなど、
ライフイベントごとに
親戚や知人を呼んで
パーティを行うそうです。
 
しかも場所は路上!
道路にテントを張り、
パーティを行うのです。
 
今回の場所も高級住宅地の路上でした。
 
パーティを行うために必要な
テント・料理・スタッフ等を派遣し
パーティを実施するプロの業者がおり、
その人達がすべてやってくれるようです。
 
パーティ参加者は
親戚はもちろん、友達の友達など
知らない人もたくさん訪れます。
 
私たちも今回のパーティ主催者とは
初対面でした。
 
パーティ開催時間中の出入りは自由で、
遅れていっても、途中で帰っても自由です。
 
まずは会場に着くと、
主催者にあいさつし
一緒に写真を撮ります。
 
そして、会場に入り
参加費用と名刺を封筒に入れて
受付担当の方に渡します。
 
今回は一人30米ドル程度でした。
ただし、これも大体その程度という感じで
厳密な決まりはありません。
 
次に空いている円卓に案内され
お料理スタート。
 
お料理は次から次へと
食べきれないほどの量が
運ばれてきます。
 
後は自由に会場内の人と
交流する感じ。
常時会場には200人以上はいたと思います。
 
カンボジアの音楽がガンガンと流れ
会場は会話が聞こえないほど程賑やかです。
 
「近隣から苦情がきたりしないのですか?」
と知人に聞いたところ、
お互い様なので、
苦情などはでないのだそうです。
 
それからビックリしたのは
女性のドレスと化粧です。
つけまつ毛なのでしょうか?
素顔がわからないくらいの化粧と
ド派手なドレスの方がたくさん!
写真がないのが残念です。
 
よく、プノンペンの店のショーウィンドウに
「一体どこに来ていくのだろう」
というくらいのド派手なドレスが
飾られているのですが
こういうパーティに着ていくのですね。
 
カンボジアの文化に触れた1日でした。
 

↑パーティの様子

↑前菜、このあとに次々と料理が運ばれてきました

↑道路にテントを張り、そこがパーティ会場。道路の両側には住宅があります。
 
 

ホスピスという選択肢


 
2019年11月18日
 
日本リアルオプション学会の勉強会に
参加してきました。
 
今日のテーマはホスピス。
 
日本ホスピスホールディングス株式会社
代表取締役の高橋正氏に
お話しをお聞きしました。
 
ホスピスとは?
WHOでは、
ホスピス=緩和ケアとして、
次のように定義しています。
 
「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフを改善するためのアプローチである。」
ホスピス財団HPより
 
ホスピスというと、
病院の一角にホスピス病棟を設け、
緩和ケアが必要な患者の方のケアをする、
というのが一般的なイメージかもしれません。
 
しかし、現在病院では
入院日数を減らす傾向にあり、
ホスピス病棟を希望しても
なかなか入れないということも
聞いたことがあります。
 
日本ホスピスHDは
民間の会社なので
病院ではありません。
「ホスピス住宅」という新しいコンセプトで
事業を展開しています。
 
日本は多死社会へと突入しています。
どこで、どのように死を迎えたいのか
ということを、
真剣に考えなければならない時代が
きているのではないでしょうか?
 
米国では、終末期ケア対象者のうち
ホスピスケアの利用率は48%ですが
日本ではまだ8%。
日本ではまだまだこれからの分野です。
 
ホスピスケアを行うには
看護師のサポートは不可欠です。
それも専門看護師、認定看護師といった
専門的な知識をもった看護師のケアが
必要だそうです。
 
ただ、病院がホスピスを行う場合
うまくいかないケースも多いそうです。
それはなぜなのでしょうか…?
 
病院は病気やケガを治すところですよね。
死というと、
病院では敗北を意味してしまいます。
 
ホスピスは病気を治すところではありません。
かならずその先には死が待っています。
 
そうすると、そこで働く人たちの
心が持たなくなってしまうのだそうです。
 
では、日本ホスピスHDでは
どうしているのでしょうか?
 
日本ホスピスHDでは
痛みを取り除いた後、
「この先、どうしたいのか?
どう生きたいのか?
自己実現の夢をかなえてあげることに
価値をおいている」
のだそうです。
 
お寿司屋さんでお寿司を食べたい
孫の結婚式に出席したい
もう一度温泉に行ってみたい・・・
 
人の一番高い欲望である自己実現を
最後まで実現できる。
そんな人生だったら幸せだな、
と思いました。
 
最後に自分の仕事にもつながるかな、
と思ったことは
地主様への対応です。
 
ホスピス住宅を作るには
200坪~程度あれば可能とのこと。
そして、必ずしも
都心や駅近である必要はありません。
 
近くに総合病院があれば理想的ですが、
土地の条件はそれほど厳しくなさそうです。
 
現在、少子高齢化が進む日本においては
アパート経営はかなり厳しくなってきています。
 
また高齢者向け施設の経営も
介護保険制度の改定、
そして、競合が増えたこともあり
かなり難しくなってきています。
 
そういう意味では
これから市場が拡大しつつある
ホスピス住宅という選択肢も
ありなのではないかと思うのです。
 
事業としても
かなり安定性がありそうです。
一度病院からの信頼を得てしまえば
次々と希望者が紹介されてくるそうです。
 
建物の経年劣化とともに
賃料が下がるアパート経営と異なり
利用料が下がることもありません。
 
私の顧問のお客様にも
地主の方などもいらっしゃるので
社会のためにもなる事業で
安定的な利益も得られるというのであれば
アリだな、と思いました。
 
ご相談をご希望の方は
こちらにご連絡ください。
 
◆お問合せ

Contact


 
◆㈱エフピーブラッサム
https://k-kudo.biz/
 

景気後退?JPモルガンAMのセミナー備忘録


 
2019年11月6日
 
先日、JPモルガンAMのセミナーに参加し、
運用会社が
現時点の国際経済をどのようにみているのか、
を確認してきました。
 
備忘録として
ここに残しておきたいと思います。
 
◆今後の景気は???
 
JPモルガンAMでは
「来年にも景気後退入り」
との見方をしています。
ただし、本格的な景気後退に入るか、
なんとか持ちこたえるかは
微妙な線だそうです。
 
では、景気後退がくるとするならば、
どのような指標を
みておけばよいのでしょうか?
 
まず注目すべき指標は
「ISM50割れ」と「長短金利逆転」
の2つのサイン。
 
ISMとはISM景況感指数のこと。
 
米国の製造業の景況感を表す指数で、
300を超える製造業企業に
アンケート調査を実施しています。
 
数値が50を上回ると景気拡大、
下回ると景気後退と判断します。
 
このISMが2019年9月に50を下回りました。
 
そして、長短金利差も
同じく2019年9月に一時逆転。
 
通常「短期金利<長期金利」
というのが一般的ですが、
それが逆になる、
 
つまり、
「短期金利>長期金利」になることを
「長短金利差逆転現状」といいます。
 
景気後退時にはこの現象が
よくみられています。
 
現時点では
長短金利差逆転の現象は
解消されていますが、
これは単に利下げにより
短期金利が引き下げられたから。
 
景気後退リスクが
なくなったわけではありません。
 
今後本格的な景気後退に入るのかどうか
を見極めるポイントは
「雇用の伸び」と「原油価格の上昇」。
 
雇用が順調で個人消費が底堅ければ、
景気後退は深刻にはならない
かもしれません。
 
また、過去の景気後退期には、
原油価格の上昇が
とどめを指している場合が多いため、
今後の原油価格にも注目です。
 
しかし、
来年には米国大統領選が控えており、
トランプ大統領は
株価対策を最優先に行う可能性が
高いと考えられます。
 
必要であれば
追加の金融緩和を行い
株価を下支えする可能性も
あるでしょう。
 
【まとめ】
ISM、
長短金利差、
雇用、
原油価格。
この4つの動きには今後も注視!
 
しかし、
長期投資で資産形成をしていくべき
個人投資家は、
短期的な株価に
一喜一憂すべきではありません。
 
我々FPは、
経済状況を注視しつつも、
しっかりと長期目線で
資産形成のご提案していかなければ
ならないと思っています。
 
 

2000万円問題、老後の年金いくら? 共働きの場合、専業主婦の場合

金融庁のレポートで
「老後の2000万円問題」が
大きな話題になりましたね。

今回はその話題となった
公的年金についてみていきましょう。
 
老後に受け取る公的年金には、
老齢基礎年金(国民年金)と
老齢厚生年金(厚生年金)があります。

国民年金は20歳から60歳まで全ての人が
加入する年金であり、
厚生年金は会社員や公務員の方が
国民年金に上乗せして加入する年金です。

原則、65歳から
これらの年金を受け取ることができます。

国民年金保険料を40年間満額支払った場合、
老齢基礎年金の受給額は年額780,100円
(2019年4月分以降)、
1カ月あたり約65,000円となります。

ただし、未納期間などがある場合は
その分減額されます。

老齢厚生年金の受給額は、
保険料を支払った期間だけでなく、
収入額、家族構成、生年月日などにより
異なります。

では、一体いくらもらえるのか、
具体例でみてみましょう。

(例)
・ご主人:現在40歳、
     年収500万円、
     22歳~60歳まで勤務したとすると…
  →老齢基礎年金6.5万円、老齢厚生年金8.5万円
 
・奥様 :現在35歳、
     年収300万円、
     22歳~60歳まで勤務したとすると…
  →老齢基礎年金6.5万円、老齢厚生年金5.6万円

となり、共働きの場合の世帯年金は27.1万円です。

もしも、奥様が専業主婦だった場合は
奥様の受取る年金は老齢基礎年金のみとなり、
世帯年金は21.5万円となります。

もちろん、これは
現時点での年金額を基準に計算したものなので、
将来的には変わる可能性もあります。

日本年金機構のサイト「ねんきんネット」では、
ご自分の将来の年金額を
シミュレーションすることができます。
ぜひ利用してみては?

アセット・ロケーションとは?


 
2019年5月29日
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
 
今回は
「アセット・ロケーション」について
お話したいと思います。
 
みなさんは、
アセット・ロケーション
という言葉を聞いたことがありますか?
 
アセット・アロケーションではなく
アセット・ロケーションです。
 
アセット(資産)のロケーション
(置き場所(課税口座、非課税口座))
を適切にすることにより
全体のパフォーマンスをあげていく
という考え方です。
 
現在、個人の資産運用には
様々な口座の種類が用意されています。
 
まずは一般的な課税口座。
これは、証券口座を開設する際に
最初に作る口座です。
 
そして、非課税口座。
これは、NISAや確定拠出年金などです。
 
通常、株や債券、投資信託などの
金融商品を運用し、
利益が出た場合、
その利益に対して20.315%
が課税され、
税金を納めることになります。
 
例えば、
安く買って、高く売ることができ
10万円の譲渡益が出たとします。
そこから
2万315円の税金が差し引かれ
手元に残る利益は
7万9,685円となります。
 
課税口座で運用したときには
このように、
利益から20,315%の税金が
差し引かれます。
 
では、アセット・ロケーションを
考えていきましょう。
 
AさんとBさんが共に
定期預金(利回り0.1%)と
投資信託(利回り5.0%)の2つの商品を
10万円ずつ保有していたとしましょう。
 
Aさんは
課税口座で定期預金を運用し
非課税口座で投資信託を運用していたとします。
 
Bさんは
課税口座で投資信託を運用し
非課税口座で定期預金を運用していたとします。
 
さて、AさんとBさんの
資産全体の利回りは
それぞれどうなるでしょうか?
 
結果は・・・
 
Aさんの資産全体の利回りは
2.54%
Bさんの資産全体の利回りは
2.05%
となります。
 
なぜ、同じ商品を同じ金額保有しているのに
AさんとBさんの資産全体のパフォーマンスが
異なってくるのでしょうか?
 
以下の表をご覧ください
 

 
リターンの高い商品と
リターンの低い商品を保有している場合
リターンの高い商品は非課税口座で運用し
リターンの低い商品は課税口座で運用する
これがアセット・ロケーションの考え方です。
 
いかがでしたでしょうか?
 
資産配分は
資産全体で考えることが大切なのです。

SkypeやZoomを使ったFP相談について


 
2019年5月27日
 
こんにちは、
エフピーブラッサムの工藤です。
 
今日、日本FP協会から
メールでアンケート調査が送られてきました。
内容は日本FP協会が行っている
CFP検索サイトについてです。
 
日本FP協会のウェブサイトでは、
FP資格の上級資格であるCFP保有者について
希望のFPを検索することができます。
 
もちろん私もそこに情報を掲載しており、
毎月かなりの方から
この検索サイト経由で
お問い合わせをいただきます。
 
アンケートの内容は
「CFP検索について満足していますか?」
「不満や改善点などについて」
などいくつかの質問に答えるものでした。
 
実は、地方ではFPに相談したくても、
相談できるFPがいないのだそうです。
 
自分の住んでいる都道府県でFPを検索しても
1~2名しかヒットしないケースもあるそうです。
 
私は東京で登録しているのですが、
「東京」を選択して検索すると263件
「東京・女性」で検索すると64件ヒットします。
 
確かに、東京と地方の差は大きいですね。
 
でも、今はSkypeやZoomを使えば、
どこでも対面しているように
面談することが可能です。
 
先日私は、
米国に住むお客様とZoomで面談を行いました。
 
もちろん、
直接お会いして面談を行うのは理想ですが、
地方に良い人がいないのならば
SkypeやZoomを使った面談でも
良いのではないでしょうか?
 
弊社エフピーブラッサムでは
地方の方でも
SkypeやZoomでのご面談が可能です。
 
また、顧問のお客様に関しては
地方の方でも
直接会いに行くこともあります。
 
ぜひお気軽に
ご連絡いただければと思います。