金融機関への不満爆発!?


 
こんにちは、FPの工藤です。
 
7月29日、
隅田川花火大会を初めて生で観てきました。
 
場所は、
高校時代の友達のお友達の自宅屋上。
BBQをしながらの花火鑑賞は
サイコーでした。
 
そこでの一コマ。
70歳のおじいちゃんのお話。
おじいちゃんといっても、
シャキシャキの下町っ子で、
まだまだ現役という感じ。
 
仕事のことを聞かれたので、
「FPとして、
お金や資産運用のご相談にのる
お仕事をしてるんですよ~」
と説明をしたら、
「証券会社にはやられたよな~」
と出てくる出てくる、金融機関への不満。
 
おじいちゃんの話は続きます。
 
「オレはお金を増やしたいと思って
あいつらにお金を預けた。
そしたら、
買ったものがドンドン下がっていくだろ。
そしたら、証券会社のやつが
『今回は下がってしまったので、
次はこちらにしましょう』
と別の商品に移す。
そしたら、
それもまたドンドン下がっていく。
買い換える度に手数料を取られ、
その度に損は膨らんでいって、
結局、今は10分の1になっちまったよ」
 
おじいちゃんの話は止まりません。
 
「ちゃんと仕事をしてくれるなら、
手数料を払うのは別にいい。
でも、あいつらは
オレの資産なんてどーでもいいんだよ。
手数料さえ手に入れば…。
オレが『もう動かすな!』っていっても、
『いや、このまま持っていても
損が膨らむだけですよ』
と言われれば、
動かした方がいいのかな?て思うじゃん。
でも、結果この有様さ!」
 
私は
言葉に詰まりました。
 
まだまだ、
こういう思いをしている方が
たくさんいるんだろうな…。
 
長年汗水垂らして貯めてきた大切なお金。
やり方次第では、
しっかりと増やせたはずです。
では、なぜ増やせなかったのか?
 
金融機関は
投資家からの手数料が主な収入源。
このことを
個人投資家は理解する必要があります。
 
金融機関と投資家は
利益相反してしまうのです。
 
それを理解した上で
金融機関とお付き合いする
必要があるのです。
 
米国や英国では、
お客様からフィーを頂いて
資産形成のサポートをする
FPサービスが
最近急速に伸びてきています。
 
資産額の〇%というフィーを頂く
ビジネスモデルの場合、
お客様の資産が増えれば
FPの収入も増えます。
 
だから必然的に
お客様の資産が増えるように
サポートします。
 
日本でも近い将来
きっと広がるサービスだと
思っています。
 
 
※写真は夜の浅草寺。