アセット・ロケーションとは?


 
2019年5月29日
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
 
今回は
「アセット・ロケーション」について
お話したいと思います。
 
みなさんは、
アセット・ロケーション
という言葉を聞いたことがありますか?
 
アセット・アロケーションではなく
アセット・ロケーションです。
 
アセット(資産)のロケーション
(置き場所(課税口座、非課税口座))
を適切にすることにより
全体のパフォーマンスをあげていく
という考え方です。
 
現在、個人の資産運用には
様々な口座の種類が用意されています。
 
まずは一般的な課税口座。
これは、証券口座を開設する際に
最初に作る口座です。
 
そして、非課税口座。
これは、NISAや確定拠出年金などです。
 
通常、株や債券、投資信託などの
金融商品を運用し、
利益が出た場合、
その利益に対して20.315%
が課税され、
税金を納めることになります。
 
例えば、
安く買って、高く売ることができ
10万円の譲渡益が出たとします。
そこから
2万315円の税金が差し引かれ
手元に残る利益は
7万9,685円となります。
 
課税口座で運用したときには
このように、
利益から20,315%の税金が
差し引かれます。
 
では、アセット・ロケーションを
考えていきましょう。
 
AさんとBさんが共に
定期預金(利回り0.1%)と
投資信託(利回り5.0%)の2つの商品を
10万円ずつ保有していたとしましょう。
 
Aさんは
課税口座で定期預金を運用し
非課税口座で投資信託を運用していたとします。
 
Bさんは
課税口座で投資信託を運用し
非課税口座で定期預金を運用していたとします。
 
さて、AさんとBさんの
資産全体の利回りは
それぞれどうなるでしょうか?
 
結果は・・・
 
Aさんの資産全体の利回りは
2.54%
Bさんの資産全体の利回りは
2.05%
となります。
 
なぜ、同じ商品を同じ金額保有しているのに
AさんとBさんの資産全体のパフォーマンスが
異なってくるのでしょうか?
 
以下の表をご覧ください
 

 
リターンの高い商品と
リターンの低い商品を保有している場合
リターンの高い商品は非課税口座で運用し
リターンの低い商品は課税口座で運用する
これがアセット・ロケーションの考え方です。
 
いかがでしたでしょうか?
 
資産配分は
資産全体で考えることが大切なのです。

SkypeやZoomを使ったFP相談について


 
2019年5月27日
 
こんにちは、
エフピーブラッサムの工藤です。
 
今日、日本FP協会から
メールでアンケート調査が送られてきました。
内容は日本FP協会が行っている
CFP検索サイトについてです。
 
日本FP協会のウェブサイトでは、
FP資格の上級資格であるCFP保有者について
希望のFPを検索することができます。
 
もちろん私もそこに情報を掲載しており、
毎月かなりの方から
この検索サイト経由で
お問い合わせをいただきます。
 
アンケートの内容は
「CFP検索について満足していますか?」
「不満や改善点などについて」
などいくつかの質問に答えるものでした。
 
実は、地方ではFPに相談したくても、
相談できるFPがいないのだそうです。
 
自分の住んでいる都道府県でFPを検索しても
1~2名しかヒットしないケースもあるそうです。
 
私は東京で登録しているのですが、
「東京」を選択して検索すると263件
「東京・女性」で検索すると64件ヒットします。
 
確かに、東京と地方の差は大きいですね。
 
でも、今はSkypeやZoomを使えば、
どこでも対面しているように
面談することが可能です。
 
先日私は、
米国に住むお客様とZoomで面談を行いました。
 
もちろん、
直接お会いして面談を行うのは理想ですが、
地方に良い人がいないのならば
SkypeやZoomを使った面談でも
良いのではないでしょうか?
 
弊社エフピーブラッサムでは
地方の方でも
SkypeやZoomでのご面談が可能です。
 
また、顧問のお客様に関しては
地方の方でも
直接会いに行くこともあります。
 
ぜひお気軽に
ご連絡いただければと思います。