ホスピスという選択肢


 
2019年11月18日
 
日本リアルオプション学会の勉強会に
参加してきました。
 
今日のテーマはホスピス。
 
日本ホスピスホールディングス株式会社
代表取締役の高橋正氏に
お話しをお聞きしました。
 
ホスピスとは?
WHOでは、
ホスピス=緩和ケアとして、
次のように定義しています。
 
「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフを改善するためのアプローチである。」
ホスピス財団HPより
 
ホスピスというと、
病院の一角にホスピス病棟を設け、
緩和ケアが必要な患者の方のケアをする、
というのが一般的なイメージかもしれません。
 
しかし、現在病院では
入院日数を減らす傾向にあり、
ホスピス病棟を希望しても
なかなか入れないということも
聞いたことがあります。
 
日本ホスピスHDは
民間の会社なので
病院ではありません。
「ホスピス住宅」という新しいコンセプトで
事業を展開しています。
 
日本は多死社会へと突入しています。
どこで、どのように死を迎えたいのか
ということを、
真剣に考えなければならない時代が
きているのではないでしょうか?
 
米国では、終末期ケア対象者のうち
ホスピスケアの利用率は48%ですが
日本ではまだ8%。
日本ではまだまだこれからの分野です。
 
ホスピスケアを行うには
看護師のサポートは不可欠です。
それも専門看護師、認定看護師といった
専門的な知識をもった看護師のケアが
必要だそうです。
 
ただ、病院がホスピスを行う場合
うまくいかないケースも多いそうです。
それはなぜなのでしょうか…?
 
病院は病気やケガを治すところですよね。
死というと、
病院では敗北を意味してしまいます。
 
ホスピスは病気を治すところではありません。
かならずその先には死が待っています。
 
そうすると、そこで働く人たちの
心が持たなくなってしまうのだそうです。
 
では、日本ホスピスHDでは
どうしているのでしょうか?
 
日本ホスピスHDでは
痛みを取り除いた後、
「この先、どうしたいのか?
どう生きたいのか?
自己実現の夢をかなえてあげることに
価値をおいている」
のだそうです。
 
お寿司屋さんでお寿司を食べたい
孫の結婚式に出席したい
もう一度温泉に行ってみたい・・・
 
人の一番高い欲望である自己実現を
最後まで実現できる。
そんな人生だったら幸せだな、
と思いました。
 
最後に自分の仕事にもつながるかな、
と思ったことは
地主様への対応です。
 
ホスピス住宅を作るには
200坪~程度あれば可能とのこと。
そして、必ずしも
都心や駅近である必要はありません。
 
近くに総合病院があれば理想的ですが、
土地の条件はそれほど厳しくなさそうです。
 
現在、少子高齢化が進む日本においては
アパート経営はかなり厳しくなってきています。
 
また高齢者向け施設の経営も
介護保険制度の改定、
そして、競合が増えたこともあり
かなり難しくなってきています。
 
そういう意味では
これから市場が拡大しつつある
ホスピス住宅という選択肢も
ありなのではないかと思うのです。
 
事業としても
かなり安定性がありそうです。
一度病院からの信頼を得てしまえば
次々と希望者が紹介されてくるそうです。
 
建物の経年劣化とともに
賃料が下がるアパート経営と異なり
利用料が下がることもありません。
 
私の顧問のお客様にも
地主の方などもいらっしゃるので
社会のためにもなる事業で
安定的な利益も得られるというのであれば
アリだな、と思いました。
 
ご相談をご希望の方は
こちらにご連絡ください。
 
◆お問合せ

Contact


 
◆㈱エフピーブラッサム
https://k-kudo.biz/
 

景気後退?JPモルガンAMのセミナー備忘録


 
2019年11月6日
 
先日、JPモルガンAMのセミナーに参加し、
運用会社が
現時点の国際経済をどのようにみているのか、
を確認してきました。
 
備忘録として
ここに残しておきたいと思います。
 
◆今後の景気は???
 
JPモルガンAMでは
「来年にも景気後退入り」
との見方をしています。
ただし、本格的な景気後退に入るか、
なんとか持ちこたえるかは
微妙な線だそうです。
 
では、景気後退がくるとするならば、
どのような指標を
みておけばよいのでしょうか?
 
まず注目すべき指標は
「ISM50割れ」と「長短金利逆転」
の2つのサイン。
 
ISMとはISM景況感指数のこと。
 
米国の製造業の景況感を表す指数で、
300を超える製造業企業に
アンケート調査を実施しています。
 
数値が50を上回ると景気拡大、
下回ると景気後退と判断します。
 
このISMが2019年9月に50を下回りました。
 
そして、長短金利差も
同じく2019年9月に一時逆転。
 
通常「短期金利<長期金利」
というのが一般的ですが、
それが逆になる、
 
つまり、
「短期金利>長期金利」になることを
「長短金利差逆転現状」といいます。
 
景気後退時にはこの現象が
よくみられています。
 
現時点では
長短金利差逆転の現象は
解消されていますが、
これは単に利下げにより
短期金利が引き下げられたから。
 
景気後退リスクが
なくなったわけではありません。
 
今後本格的な景気後退に入るのかどうか
を見極めるポイントは
「雇用の伸び」と「原油価格の上昇」。
 
雇用が順調で個人消費が底堅ければ、
景気後退は深刻にはならない
かもしれません。
 
また、過去の景気後退期には、
原油価格の上昇が
とどめを指している場合が多いため、
今後の原油価格にも注目です。
 
しかし、
来年には米国大統領選が控えており、
トランプ大統領は
株価対策を最優先に行う可能性が
高いと考えられます。
 
必要であれば
追加の金融緩和を行い
株価を下支えする可能性も
あるでしょう。
 
【まとめ】
ISM、
長短金利差、
雇用、
原油価格。
この4つの動きには今後も注視!
 
しかし、
長期投資で資産形成をしていくべき
個人投資家は、
短期的な株価に
一喜一憂すべきではありません。
 
我々FPは、
経済状況を注視しつつも、
しっかりと長期目線で
資産形成のご提案していかなければ
ならないと思っています。