ゴールベース資産管理とは?


 
2020年1月26日(日)
 
エフピーブラッサムの工藤清美です。
 
先日、
若手FP勉強会に参加してきました。
私は若手ではありませんが(笑)、
お誘い頂いたので参加してきました。
 
登壇されたのは、
資産運用ロボアドバイザーで、
今伸び盛りの会社「ウェルスナビ」で
リサーチをされている、吉江雅史さん。
 
もちろん、ウェルスナビについての
お話しがメインだったのですが、
ここでお話ししたいのは
ウェルスナビについてではありません。
 
ウェルスナビさん、ごめんなさい。
 
ウェルスナビについては、
独自セミナーをやっていらっしゃる
とのことなので、
ぜひそちらにご参加ください。
 
今回、私が興味をもったのは、
セミナー内でちょこっと紹介された、
「米国投資商品調査報告書」
というレポートです。
 
このレポートは、
金融庁が野村総合研究所アメリカに
依頼して作成されました。
 
米国投資信託等の
経費率、手数料、販売状況等について
分析されています。
 
レポートにご興味のある方は、
ブログの最後にURLを添付しておきましたので、
直接読んでみてください。
 
レポートで特に私が興味を持ったのは、
P26以降の「米国投資商品販売における
最近の潮流と構造的転換」の内容です。
 
「ゴールベース資産管理」
 
この言葉が何度もレポート内にでてきます。
お客様のゴールを聞き出し、
それに合わせて
資産形成のお手伝いをしていくという方法です。
 
米国では90年代半ばより
この考え方が普及しはじめ
現在では米国の対面アドバイザーの8割以上が
この「ゴールベース資産管理」の
アプローチを採用しているとのことです。
 
「ゴールベース資産管理」とは、
まさに弊社で行っていることです!
 
お客様が今後どのような人生を送りたいのか、
家族、仕事、プライベート等において、
どうしていきたいのかという
ライフプランをお聞きし、
そのためにどのように資産形成・管理を
していけばよいのか、
ということをプランニングすることです。
 
ゴールとは「いくら貯めたいのか?」
ということではなく、
「どのような人生を送りたいのか?」
ということです。
 
・家族がのびのび暮らせる家を買いたい
・子どもに留学をさせたい
・リタイア後も今の生活水準を維持したい
・毎年海外旅行に行きたい
・転職をして年収が下がったとしても、自分の自由な時間を優先したい
 
そんな一人ひとりの
具体的なライフプランをお聞きし、
では、
それを実現するためにはどうすればいいのか、
ということを考えていくことです。
 
そして、
ちゃんと思いが実現できているのか?
プラン通りに資産形成・管理ができているのか?
 
一人ひとりのゴールを実現するために、
何度もレビューをしながら、
お客様と一緒に伴走していくことが
とても重要だと考えています。
 
日本ではまだまだこのようなサービスを
行っているところは少ないのが現実です。
 
多くのFP事務所は、
ライフプランを作成して終了
というところが少なくありません。
 
また、金融機関は
まだまだ商品を売ることが
主となっているのではないでしょうか?
 
弊社では、
この「ゴールベース資産管理」が
もっと日本でも広がっていくべきだ
と考えています。
 
そうすれば、
お客様ももっと安心して
資産運用に取り組めるはずです。
 
 
「米国投資商品調査」報告書/野村総合研究所アメリカ2019年4月
 

キャッシュレスの行く先は?


 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
 
日経新聞で気になる記事を見つけました。
「キャッシュレスよりキャッシュ・アクセス」
 
現在、日本では国をあげて
キャッシュレス化が推し進められています。
 
消費税増税後の
キャッシュレス決済でのポイント還元は
その一つですね。
 
しかし、
すでにキャッシュレス化が進んでいる
海外では
その逆の現象が起こっているとのこと。
 
米国では、小売店などで
現金決済を断られるケースもあるようですが、
それを禁止したり、
現金決済に高いチャージを課すことを
禁止する州もでてきているとか。
 
スウェーデンでも
金融機関にキャッシュ・サービスの提供を
義務付けることにしたそうです。
 
キャッシュレス決済が進んだことにより
キャッシュレス決済を使える人と
使えない人との間の
格差が問題になっているようです。
 
日本では「○○Pay」などが乱立しており
乱立しすぎて
何を使ったらよいかわからない状態です。
 
私自身、いくつか使ってみましたが
結局クレジットカードが
メイン決済手段となっています。
 
もちろん、クレジットカード決済も
キャッシュレス決済ですが、
○○Payの乱立が
キャッシュレス決済を
より複雑にしてしまっているように思います。
 
また、年配の方などは
現金主義の方も多く、
ポイント還元のメリットを
受けられていない方も
多いのではないでしょうか?
 
ある程度キャッシュレス化が進んだとしても
偽札の不安がなく、
現金の信用度が高い日本では
結局は
現金決済が重要なポジションを
維持し続けるのかもしれませんね。
  

明けましておめでとうございます


 
明けましておめでとうございます。
 
年末年始、
みなさんはどのように過ごされましたか?
 
私は、今回の年末年始は仕事は一切せず、
ゆっくりと家族との時間を過ごしました。
 
医学生の長男は3年前から学校近くに一人暮らし。
 
そして、ついに長女も
昨年、外資系コンサル会社に就職し
職場近くで一人暮らしをはじめました。
 
というわけで、
我が家にとってお正月は、
家族みんなが集まるとても大切な時間。
 
いつも一緒にいたころは
一緒にいるということが当たり前でした。
 
でも、その当たり前が当たり前ではなくなると
実はそれはとても貴重な時間だった
ということを実感しています。
 
子どもたちが成長していくと、
同じ空間で同じ時間を過ごすということが
益々難しくなっていくと思います。
 
これからも
一つ一つの時間を
大切にしていきたいと思います。
 

 
とはいうものの、
子どもたちが帰った後は
今年も全力で仕事をやっていきます。
 
今年実現したいことは3つです。
 
1:法人としてお客様のサポート体制を整える
 
昨年法人化しました。
 
今年は法人として
顧問のお客様へのサポート体制を
さらにしっかりとしたものに
整えていきます。
 
お客様に役に立つ情報を積極的に発信し
より充実したサービスを
提供していきます。
 
 
2:FPサービスの重要性をを広める
 
そして、今年は
外への情報発信も
積極的に行っていきます。
 
ライフプランを作り、
資金計画をしっかりと立て
資産形成、運用、管理を
行っていくということは
全ての人に必要なことです。
 
しかし、日本ではまだまだその重要性、
そして、その効果は知られていません。
 
状況が変わるごとにライフプランを見直し
それに合った資金形成を行っていく、
そうすることにより、
お金に対する不安から解放され
自分の理想とする人生を
実現することができるのです。
 
この基本的なことを
しっかりと根気強くお伝えしていきます。
 
 
3:FP業界のレベルアップに寄与する
 
FP業界においても
キチンとお客様の立場にたって
ライフプランの実現のために
継続的にお客様のサポートを行うFPは、
まだまだ少ないのが現状です。
 
満足度の高いサービスを提供できれば
自然とFPサービスも広がっていくはずです。
 
FPサービスでお客様もHAPPYになる。
FPサービスが広がりFPもHAPPYになる。
 
そんな良い循環を生み出せたらいいな
と思っています。
 
自分自身の経験から伝えられることを
積極的に伝えていき
微力ながらFP業界のレベルアップに
寄与していきたいと思います。
 
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
株式会社エフピーブラッサム
代表取締役 工藤清美