心理を知ることでアフターコロナに備える!


 
2020年4月29日
 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤清美です。
 
今日は
私が理事をしている
WAFP関東の心理カウンセリングラボに
Zoom参加しました。
 
教えてくださったのは
株式会社東京ビジネスラボラトリーの
朝妻秀子先生。
 
テーマは
「心理を知ることでアフターコロナに備える」。
 
これを意識するのとしないのとでは、
アフターコロナが大きく変わると実感しました。
 
ラボで学んだこと
そして私が思ったことを
ここにメモとして残しておきたいと思います。
 
 
◆これから求められる人材とは?
ざっくりというと、
自ら動ける人
この一言に尽きます。
 
・自ら目標をかかげ、仕事を作りだせる人
・自ら課題を明確化でき、解決策を考えられる人
・向上心、好奇心を持ち、自らスキルアップを図れる人
・自ら創意工夫ができる人
・広い視野を持ち、情報を収集できる人
・オリジナリティのある人
 
与えられたことだけをこなす人は、
今後ロボットやAIにとって代わられてしまう
のは明らかです。
 
これらを意識しながら学び続け
自分自信の知識や技術、ノウハウを
ブラッシュアップしていくことが
今後益々重要になると思います。
 
 
◆アフターコロナはどうなるか?
世界は2極化していく・・・
 
これはよく言われていることですよね。
私もそう思います。
 
仕事も、
資産も、
考え方も、
生きる世界までも
 
2極化していくのだろうと思います。
 
そして、
情報に振り回され、不安に陥る人と
情報を自分で判断し、成長に結びつけられる人
 
朝妻先生は
人の思考や行動には5つのレベルがある
とおしゃっていました。
 
自分自身がどのレベルにいるのか
を意識することで
とるべき行動も見えてくるのかもしれません。
 
 
◆人には潜在能力がある
顕在意識は氷山の一角。
これもよく心理学でいわれることですね。
 
無意識、潜在能力をどういかしていくかで
その人の能力、輝きは大きく変わります。
 
しかし、本来の力は
潜在意識の中にある障害や
顕在意識の中にある課題が邪魔をし
なかなかその力を発揮することが難しい・・・
 
それらの障害や課題を取り除き
本来の力を発揮できるようにしてあげるのが
様々な心理学の手法です。
 
 
◆カウンセリングの構成
①受容と共感
・クライアントと同じものをイメージする
・傾聴
・ここではジャッジはしない
 
②問題の本質の探究
・問いかけなどをしながら、
 潜在意識にある問題の本質を探る
 
③気づきと成長(解決)
・教えるのではなく、
 自ら気づいてもらうことが大事
・過去のトラウマやネガティブ思考を
 解消していく
 
過去の経験からの障害、トラウマと
未来の課題はつながっている
 
だから、過去の障害・トラウマが取り除かれると
未来の課題の解消されることも多いのだそうです。
 
 
◆心理カウンセラーが使う技法・療法
・来場者中心療法
・マイクロカウンセリング
この二つが土台にあり
以下のようなそれぞれの手法がある。
提唱された年台順に
・交流分析(TA)
・認知行動療法
・ゲシュタルト療法
・インナーチャイルドセラピー
・NLP
・マインドフルネス
など
 
NLPやマインドフルネスは
近年提唱されている心理学の手法。
 
今までの手法よりも
より心の本質的な部分にリーチしやすいため
効果が出るのも早いのだそうです。
 
 
◆まとめ
今回のラボで印象に残ったのは、
過去の障害・トラウマと未来の課題は
つながっているということ、
 
そして、生まれ持った本来の自分を取り戻し
潜在能力に働きかけることで
なりたい自分に近づけるということです。
 
「思考は現実化する」という
ナポレオン・ヒルのベストセラーがありますが
これらも
潜在能力に意識的に働きかけてるんだなぁ~
ということがよくわかりました。
 
心理学はこれからも学んでいきたいと思います。
 
 

過去の金融危機と株価、今回のコロナショックは?


 
こんにちは。
FPの工藤清美です。
 
現在コロナショックにより、
世界の株価は大きく下落しました。
 
ただ、このように
マーケットを大きく動かす危機は、
過去に何度も起こっています。
 
過去の主な危機の概要と
日米の株価の動きをみてみましょう。
 
 
1)ブラックマンデー
1987年10月
 
香港を発端としった株価大暴落。
プラザ合意やイラン・イラク戦争など、
様々な要因がからみ、
金融不安へ。
 
 
2)アジア通貨危機
1997~1998年
 
アジア各国の急激な通貨下落により
アジア経済は大打撃。
 
 
3)米・同時多発テロ
2001年9月
 
テロ組織アルカイダによる
米国同時多発テロ事件。
対テロ組織との闘いが始まる。
 
 
4)ITバブル崩壊
2000~2003年
 
米国でIT関連株式のバブルが崩壊。
世界不況をもたらす。
 
 
5)世界金融危機
2008~2010年
 
低所得者向け住宅ローン、
サブプライム・ローン問題が発端となり
米国の住宅バブルが崩壊
 
大手証券会社
リーマン・ブラザーズが破綻。
世界的な金融危機に陥った。
 
 
6)コロナショック
2020~
 
新型コロナウィルスのパンデミックが発生。
 
 

 
 
では、まだ記憶に新しい
世界金融危機
(リーマンショック)と
今回のコロナショックを
比較してみましょう。 
 
 

 
 
上記は、
ショック直近の最高値と最安値を
比較したものです。
  
世界金融危機時の株価は、
米ダウ平均でー54%、
日経平均ではなんと
ー61%も下落しました。
 
そして、
株価が底につくまでの期間は
米国では1年半、
日本では1年ほどかかっています。
 
一方、今回のコロナショックでは、
今のところ、
ダウ平均でー37%、
日経平均でー31%の下落となっています
(2020年4月16日現在)。
 
そして、その期間は、
米国では約1か月
日本では約2か月
しかかかっていません。
 
今回は、世界金融危機の時よりも
急激に株価が下落している、
ということがわかります。
 
そして、今のところですが、
株価の回復も急激のようです。
 
今後どうなるかはわかりませんが、
引き続き動きを慎重に
見ていきたいと思います。
 
 

資産形成で大切なこととは?

2020年4月10日
 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤清美です。
 
「お金のプロへのインタビュー」というサイトで
取材をうけ、掲載されました。
 
資産形成のプロが提案する夢のライフプランの叶え方
~エフピーブラッサム 工藤清美氏インタビュー

https://tantaka.co.jp/okanekariru/archives/4723
 
 
弊社がなぜ今のようなサービスにいたったのか?
どのような思いでアドバイスを行っているのか?
資産運用・保全で大切なこととは?
 
といったことをお話ししています。
 
よろしければご覧ください。
 
 
弊社の現在のFPサービスは、
やはり米国視察での経験が
とても大きく影響しています。
 
米国では
お客様のゴールを実現するために
FPが一緒に伴走しながら
資産形成・保全を行っています。
 
決して安いとは言えないフィーを支払いながら
なぜそのようなサービスが広がっているのか?
 
それは、支払うフィー以上の効果が
米国では証明されているからです。
 
世界的に有名な運用会社
バンガード社が
以下のようなレポートを発表しています。
 

 
一部抜粋ですが、
アドバイザーがつくことにより
3%のプラスのリターンが得られる。
 
そして一番効果が大きいことは
Behavioral coaching
であると書かれています。
 
今回のコロナショックを経て
お客さまへの
継続的なサポートの重要性を
実感しております。
 
弊社の場合、
ファイナンシャル・ゴールの実現はもちろんですが
あわせて、
お客様の理想とする人生の実現を
目指していきます。
 
・家族
・仕事
・住まい
・資産
・健康
・夢
・社会
 
幸せな人生はお金だけではありません。
 
なりたい自分になるためには
どうすればよいのか
 
一緒に考えていきたいと思っています。
 
ご相談をご希望の方はご連絡ください。
ウェブでの面談にも対応しております。
お問合せはこちら!
 

Zoomで九州のお客様とご面談


2020年4月8日

こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤清美です。

本日は、
九州在住の顧問のお客様に対して、
半年に1度の定期面談を
Zoomで行いました。

最近ではZoomを使う機会も増え、
使い方にも慣れてきました。

慣れてくると、
意外と使いやすいものです。

ご面談では、
この相場で最初に決めたポートフォリオから
大きく資産配分がずれてしまっていたため、
リバランスの対応を実施。

画面ごしで、
意思の疎通がうまくいくのか、
お客様がきちんと操作できるのか
不安でしたが、
意外とスムーズにできました。

今後もますます
ウェブ面談は増えそうです。

「外貨建て保険ってどうですか?」


 
2020年4月8日
 
こんにちは。エフピーブラッサムの工藤清美です。
 
今回は、お客様から頂いた質問について、ここでお答えしようと思います。
 
(質問)
 
「外貨建て保険でどうなのでしょうか?興味はあるのですが、買ってもよいのでしょうか?」
 
 
(回答)
 
保険を検討する際には、まず将来のライフプランを考え、収支、貯蓄額等から本当に保険が必要なの かを考える必要があります。
 
必要保障額はライフプラン、家族構成、収支、保有資産等により個々に異なります。
 
商品から考えるのではなく、自分の理想するライフプランはどのようなものなのか、それを実現するためにはどうすればよいのかをまず考えてください。
 
 
外貨建ての保険は、保険会社を通して外国債券や外国株式等を購入し、資産運用していることになります。
 
保険会社と運用会社のダブルで手数料がかかっており、しかも、保険会社の手数料はかなり高額なのですが、明確には公表されていません。
 
よって、コスト分、直接外国の債券や株式で運用するよりも利回りは低くなります。
 
 
設計書等に「予定利回り○○%」とかかれており、「預金よりはずっと利回りは高くなります!」と営業されることも多いと思います。
 
しかし、まず気を付けなければならないのは、毎月支払っている保険料全額が、提示されている予定利回りで運用されているわけではないということです。
 
保険会社のコスト等が差し引かれた後の金額のみが運用に回っているのです。
 
また、現在歴史的にも世界の金利は低くなっています。
 
このような低金利の時には、長期で金利(利回り)が固定されるような商品を購入すべきではありません。
 
なぜなら、将来的に金利が上昇したときには、保有している商品がとても不利なものとなるからです。
 
 
外貨建て保険のリスクには以下のようなものがあります
 
1) 流動性リスク:必要なときに換金できない、または、できたとしても不利な条件となるリスク。お持ちいただいた商品は 15 年以内に途中解約すると確実に元本割れする商品です。
 
2) 為替リスク:満期、または一定期間経過後は外貨建てでは元本が保証されていますが、円で換金した際には、為替変動により、元本が確保されるかどうかはわかりません。
 
3) 信用リスク:保険会社が倒産した際には、保険金、満期金等が減額されることも考えられます。特にこのように貯蓄性の高い保険の場合は、減額の割合が大きくなる可能性があります。
 
 
以上のことを理解したうえで、それでも、
 
・死亡保障等がついている
 
・一定期間経過後の解約返戻金、または満期金が外貨建てでは元本保証されている
 
ということにメリットを感じる場合は、「購入する」という選択肢もあるかもしれません。