持続可能な成長、SDGsを自分ごとにしてみよう!


 
持続可能な成長、SDGsを自分ごとにしてみよう!
 
SDGsというのをご存じですか? 
 
SDGs=Sustainable(持続可能な)、Development(発展)、Goals(目標)。
 
SDGsとは、「2030年までに、誰一人取り残さず、世界をより豊かに、かつ、持続可能な社会にしていこう」という世界共通の目標です。
 
2015年に国連で合意され、上のイラストのような17の項目があります。とても壮大な目標です。
 
以前、私はSDGsのカードゲームを体験したことがあります。
 
まず、参加者それぞれがカードを引き、いくつかの目標が与えられます。そして、参加者が目標を達成するごとに「経済」「環境」「社会」のバロメーターが変動していく、というものでした。
 
前半は、自分の目標達成だけを考えて、ゲームを進めていきます。確か、私の目標は、「売上高○○を達成する」というような経済的なものが多かったような気がします。
 
そうするとどうでしょう。他の参加者も含め、皆が自分のことだけを考えて行動すると、「経済」のバロメーターはどんどんと達成されていく一方で、「環境」「社会」のバロメーターがなかなか伸びない、というゆがんだ状況になりました。
 
次に後半は、「3つのバロメータをバランス良く伸ばしていく」ということを考えながらゲームを進めていきます。そのためには、他の参加者との協力が必要になります。
 
結果は…?
 
参加者一人一人が気持ちと行動を変えただけで、経済、環境、社会すべてのバロメーターが、前半よりもすべて良いポイントを達成するという結果となりました。
 
「SDGsってなんだか難しい」というイメージがあるかもしれません。
 
「ごみを減らす」「他人を思いやる」「差別をしない」「しっかりと働く」…。
 
SDGsを実現するためには、私たち一人ひとりがこの17項目を自分ごととして考えていくことが必要です。
 
一つ一つの小さな行動が、世界に広がれば大きな力になります。あなたもSDGsについて、できるところから行動してみませんか?