ゴールベース資産形成を実現するための3ステップとは?


 
こんにちは、ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 
ゴールベース資産形成とは、ご自身のゴール、つまり、夢や目標から逆算して資産形成を実現していく手法です。
 
ゴールベース資産形成を実現するためには、次の3ステップが重要です。
 
1)自分を知る
2)お金をコントロールする
3)投資の原理原則を知る
 
今回はこの3ステップのうち、「自分を知る」についてみていきましょう。
 
 
1)自分を知る
 
自分を知るとは、どのようなことなのでしょうか?
 
・自分の性格や価値観について知る
・自分のやりたいこと、将来の夢や希望について知る
・自分が既に持っている権利について知る
・自分の保有している資産について知る
 
ゴールベース資産形成を実践していくには、これらのことをまず把握する必要があります。あなたはどこまで自分のことが分かっていますか?
 
 
・自分の性格や価値観について知る
 
性格や価値観が資産形成に関係あるのだろうか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。あります。大いにあります。
 
まず、性格を知ることにより、自分が日々生活する上で、どのような行動をとる傾向にあるのか、がわかります。また、自分の好きなこと、得意なことを知ることより、より人的資本(※)を高めることもできます。人的資本を高めることできれば、資産形成をより理想に近づけることができるようになります。また、資産運用を行っていく上で、どのくらいのリスクが取れそうなのか、そして、どのような方法で運用した方が良いのか、どのような商品が適しているのか、ということも分かってきます。
 
自分の性格を知ることにより、自分に適した資産形成の方法がわかり、資産形成のスピードを上げることが可能となるのです。
 
価値観とは、あなた自身が何を大切にしているのかということです。「家族との時間を大切にしていきたい」「仕事で成功したい」「世のなかに認められたい」「社会貢献をしていきたい」などなど、人により大切にしていることは異なると思います。
 
もしも、「家族との時間を大切にしたい」と思っている人が、収入はとても多いかもしれないけれど、仕事が忙しく家族との時間が全くとれないということでは、それは幸せとはいえないのではないでしょうか? また、忙しすぎて健康を害してしまっても、幸せとはいえません。
 
お金は重要かもしれないけれど、お金だけでは幸せにはなれません。自分の価値観にあった働き方、資産形成の方法を見付け実現していくことこそが、本当の幸せな人生の実現につながるのだと思います。
 
 
・自分のやりたいこと、将来の夢や希望について知る
 
あなたは、将来どのような人生を送りたいですか?
 
私は、理想の人生は自分で作っていくものだと思っています。ただし、それを実現するためには、しっかりとプランを立てる必要があります。プランの立てるには、自分がどうなりたいのか、どのような生活を送っていきたいのか、をより具体的にイメージしていくことが重要です。
 
会社員の方で「将来は会社に縛られず、自分のやりたいことを仕事にし、自由に生活していきたい」というのならば、定期的な収入がある今、将来の起業のためにしっかりと資産形成をすること、そして将来起業するための人脈作りやノウハウの習得が必要かもしれません。
 
「子供にはやりたいことをやらせてあげたい」というのならば、そうできるように、住居費とのバランスを考えたり、世帯収入を上げたりということを行う必要があるかもしれません。
 
「リタイア後は、たまには海外旅行に行ったりして、ゆとりのある生活を送りたい」というのならば、将来どのくらいのリタイア資産が必要となるのかを計算し、その資金を現役のうちに積み上げていかなければなりません。
 
一人ひとり理想の人生は異なります。自分はどのような人生を送りたいのか、ぜひ、今から考えてみてください。そして、それを実現するためには今どうすればよいのかを考え、今から準備をしていきましょう。
 
 
・自分が既に持っている権利について知る
 
資産形成でまず把握したいのは、理想の人生を生きていくうえで、自分で築くべき資産はどのくらい必要なのか、ということです。
 
ここを判断するには、三角形のルール「公助、共助、自助」の考え方を知る必要があります。
 

 
日本には、様々な公的な保障があります。これは、あなたが受けることができる権利です。
 
あなたは、65歳から亡くなるまでの間ずっと受給し続けられる年金の額をご存じですか? 稼ぎ頭の世帯主が亡くなったときに、どのくらい遺族年金を受けられるのかご存じですか? 病気やケガで医療費が高額になったときに、どのような保障が受けられるかご存じですか? 病気やケガで長期で会社を休まなければならなくなったときに、どのような保障を受けられるかご存じですか?
 
まず、自分自身が既に持っている権利をしっかりと把握しましょう。会社員の方は、会社がサポートしてくれる福利厚生制度も、ぜひ、確認してみてください。将来受け取れる退職金や企業年金の額は、あなたの資産形成においてとても重要な要素となります。
 
自分で準備すべき資産は、必要な額から「公助」「共助」部分を差し引いた、「自助」部分になります。公助とは国が保障してくれる部分、共助とは会社などが保障してくれる部分です。自助部分の金額を知るには、公助、共助部分をまず知る必要があります。
 
日本の公的な保障は、意外をしっかりとしています。それを把握せずに不要な民間保険などに過剰に加入してしまうことは、資産形成のスピードを遅らせることにもつながります。
 
今からでも遅くはありません。ぜひ、自分の持っている権利をしっかりと確認してみてください。
 
 
・自分の保有している資産について知る
 
あなたは、自分が今どのくらいの資産を、どのような形で保有しているのか、説明できますか?
 
これから資産を築いてこうと思っているのであれば、まず、現状を知ることが必要です。
 
自分の資産を把握するには、まずは、資産一覧表を作成してみましょう。資産一覧表とは、どの金融機関に、どのような形で、いくら保有しているのか、というものを一覧にしたものをいいます。
 
どのような形で…というのは、普通預金、定期預金、米ドル預金などの預金の種類、投資などをしている方は、国内債券、国内株式、先進国債券、先進国株式…等、資産の種類がわかるように、一覧表を作成するとよいでしょう。全ての資産を一覧で把握しておくと、資産全体の動きを理解するのにとても役に立ちます。
 
そして、次に負債なども考慮した家計のバランスシートを作成してみましょう。バランスシートとは↓のようなものです。
 

 
バランスシートは、負債の含めたあなたの資産全体の状況を把握することができます。そして、将来的に純資産をいかに増やしていくかを考えながら、負債と資産のバランスを考えていくことが重要となります。
 
バランスシートの後は、家計の収支を把握しましょう。
 
どのくらいの収入が入ってきて、どのくらい使っていて、どのくらい貯まっているのか?または減っているのか?
 
まずは月単位、そして、年単位の収支を確認してみましょう。年間収支を確認することにより、毎年どのくらい貯蓄できているのか、要は、毎年どのくらい資産形成ができているのかが具体的にわかってきます。
 
年間収支が確認できたら、「このままいったら理想とする資産形成が可能なのか?」という将来の資産状況もわかってきます。このままの状況で理想とする資産形成ができそうならそのままやっていけばよいし、ダメそうなら、何らかの見直しが必要ということになります。
 
まずは、今後の資産形成の方向性を見極めるためにも、家計のバランスシートと収支の把握はとても重要です。
 
 
 
まとめ
・自分の性格や価値観を知ることで、自分にあった資産形成の方法を知ることができる
 
・将来の夢や希望を具体的にイメージし、今から準備をする
 
・自分で準備する資産は公助、共助を差し引いた自助部分。公助、共助がわからなければ自分で築くべき資産額もわからない。
 
・家計のバランスシート、年間の収支を把握し、資産形成の方向性を見極める
 
 
(※)人的資本についてはこちらをお読みください。
人的資本・稼ぐ力を高め、ゴールベース資産形成を実現しよう!

 
執筆:2020年8月31日

人的資本・稼ぐ力を高め、ゴールベース資産形成を実現しよう!

 
こんにちは、ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 
ゴールベース資産形成とは、自分の理想とするゴールを実現するための資産形成の手法です。今回はゴールベース資産形成を実現させるための、大切な考え方をお伝えしたいと思います。
 
資産形成の考え方には、「人的資本」と「金融資本」というものがあります。
 
「人的資本」とは、「生きている間に稼ぐ力」のこと。そして、「金融資本」とは、自分自身で働きながら積み上げていく金銭的な資産をいいます。ここでは「人的資本」についてお話ししていきましょう。
 
人的資本、つまり「稼ぐ力」は、社会人となり働き始めたころ、つまり20代が一番高くなります。若者は稼ぐための能力はまだ低いかもしれないけれど、働ける時間がたくさんあります。そして、歳を重ねるごとに時間は確実に減っていくため、人的資本も少しずつ減少していってしまいます。人的資本は(表1)のように、時間とともに下がっていくのです。そして、会社員の場合は、退職と同時に人的資本はゼロとなります。
 

 
ただ、人的資本の減少の度合い、つまりラインの傾きは一人ひとり異なります。年齢とともに大きく減少していく人もいれば、それほど減少しない人もいます。
 
人生をより豊かにするためには、この人的資本をできるだけ減少させないようにすること、つまり、「稼ぐ力」の下がる傾度をできるだけなだらかにしてあげることが重要です。では、どうすれば人的資本の減少を最小限に留めることができるのでしょうか?
 
人的資本とは、あなた自身の知識や教養といった精神的能力、健康や体力といった身体的能力、そして、幅広い人脈といった社会的能力、そして、働ける時間から成り立っています。
 
ということは、これらの精神的能力、身体的能力、社会的能力をより高めること、そして、働く時間を伸ばしてあげることにより、稼ぐ力を高めることができるはずです。
 
本などを読み知識をつけたり、勉強をし資格を取ったりすることで、あなたの精神的能力を高めるという方法もあります。私自身、CFPの資格をとったり、大学院に行ってMBAを取得したりしたことは、自分の精神的能力を高めることにつながりました。
 
様々な場所に行き、新たな人脈を広げたり、すでにある人脈を深めたりすることは、社会的能力を高めることにつながるでしょう。
 
定期的に運動をしたり、食事に気を配ることは、身体的能力を高めるためには必要なことですよね。
 
そして、働く時間も大切です。60歳で収入が途絶えてしまう方、65歳まで収入がある方、70歳以降も働き続ける方では、人的資本の下がり方は大きく変わってきます。
 
私は仕事柄様々な方のキャッシュ・フロー(資産推移)表を見ていますが、やはり「いつまで収入を得続けられるか」でリタイア後の収支は大きく変わってきます。特にリタイア後は数万円の収入でも、その差はとても大きくなります。
 
人的資本の引き上げ方は一人ひとり異なります。あなた自身がどのような方法で人的資本を引き上げていくべきなのかを、ぜひ考えてみてください。
 
その方法を見付けるためには、自分自身を知ることがとても重要です。あなたはどのような性格ですか?どのようなことが好きですか?どのようなことが得意ですか?
 
分析が好きですか?人との交流が好きですか?人を引っ張るタイプですか?人を支えるタイプですか?
 
自分自身を知り、自分の得意なことをより強化することができれば、きっと人的資本を引き上げることができるはずです。
 
現役時代の今から、どのように人的資本の引き上げていくべきなのかをしっかりと考えてみてください。そして、今から準備をしてください。
 
人的資本について考え、準備をすることができれば、きっとあなたの描いたゴールは実現できるはずです。
 
 
まとめ
・人的資本とは「生きている間に稼ぐ力」のこと
・人的資本は、若いときは高く、年齢を重ねるごとに減少していく
・人的資本を引き上げるために、自分を知り、好きなこと、得意なことを伸ばしていこう
 
執筆:2020年8月19日

ゴールベース資産形成とは、未来の視点から今の資産を整えていくこと

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 
ゴールベース資産形成という言葉をご存じでしょうか?
 
まだ耳にしたことがない方も多いかもしれません。というか、私が勝手に命名しました(笑)! 「ゴールベース・アプローチ」と金融界ではいうことがあります。
 
ゴールベース資産形成とは、「自分のゴール(夢や目標)から資産形成を考えていく」という方法です。つまり、「未来の視点から今の自分自身の資産を整えていく」ことです。そして、やりたいことを実現しながら、将来まで幸せに暮らしていくことです。
 
「そんなことができるのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
 
できます。米国の富裕層の間では既に一般的になっています。
 
逆に日本でも、これからはゴールベース資産形成をやっていかなければいけない、と私は思っています。
 
では、未来とは何でしょうか?
 
未来とは「あなたがどのような人生を送りたいのか?」、もっと簡単に言えば、「将来どんなことをやりたいのか?」「どのような生活を送りたいのか?」ということです。
 
子どもに好きなことをやらせてあげたい
海の見える家に住みたい
年に1回は海外旅行にいきたい
留学して語学を身につけたい・・・
 
いろんな「やりたい」があると思います。でも、それらを叶えるためには、やはりお金は必要です。また、やりたいことばかりをやって、老後の資金がなくなってしまった、ということになっては大変です!
 
ゴールベース資産形成では、まず、あなた自身が今後どのような夢や目標を叶えたいのかを整理していきます。そして、その「夢」や「目標」のなかから、まず「何が一番大事なのか?」「何を一番叶えたいのか?」という優先順位を考えていきます。
 
これには、あなた自身の価値観が絡んできます。何を重要視しているのか、何に幸せを感じるのか、という価値感は一人ひとり異なります。
 
「楽しさ」なのか?
「自己成長」なのか?
「人を助けること」なのか?
「自由であること」なのか?・・・
 
ゴールベース資産形成を実現していくためには、まず、自分自身の内面を知ることも重要です。あなたが大切にしていることは何ですか?
 
私の場合は・・・
 
今の私にとって大切なことは、自己成長と自由です。だから、大学院時代はとてもハードでしたが、とても充実していました。また、FPとして成長することも今はとても重要です。
 
でも、子育て中は違っていました。子育て中は、どちらかというと「子ども第一」。子どもの成長を見ているだけで、とても充実していたように思います。なのであの頃は、自分のことはそっちのけでしたね(笑)。
 
今でも一番大切なのは家族です。家族みんなが幸せでいることが私にとって一番大事。私の場合は家族、自己成長、自由をバランス良く求めていくことが必要なのかもしれません。
 
価値観は環境とともに変わることもあります。とくに、女性は結婚や出産などで大きく考え方も変わるかもしれません。
 
でも、変わったら変わったで良いと思います。現時点で構わないので、これからどのような生活を送りたいのか、夢や目標を考えてみてください。そして、その中で優先順位をつけてみてください。まずは、一番優先順位の高いものから実現できるように、今の資産を整えていきましょう。
 
どのように資産を整えていくかは、おいおいブログで書いていきたいと思います。
 
 
まとめ
・ゴールベース資産形成とは、「未来の視点から今の資産を整える」こと
・今後どのような生活を送りたいのか、夢や目標を整理する
・夢や目標の中で優先順位をつける
 
執筆:2020年8月9日