お金を増やす3つのコツとは?


 

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 
今回は、お金を増やすコツについて書いていきたいと思います。
 
お金を上手に増やせる人となかなか増やせない人がいます。その違いは何でしょうか?
 
お金を増やすには「コツ」があります。お金の増やせる人というのは、お金を増やすコツを知っていて、それを上手に利用しているのです。
 
同じことをやっていても、そのコツを知っているかどうかにより、お金の増え方は変わってきます。
 
では、そのコツとはどのようなことなのでしょうか???
 
 

お金を増やすコツは3つがあります。
 
・お金を確実に増やすコツ
・お金を楽に増やすコツ
・お金を効率的に増やすコツ
 
では、一つ一つみていきましょう。
 
 
◆先取貯蓄で、お金を確実に増やす
 
お金の使い方には、2つのパターンがあります。
 
①収入ー支出=貯蓄
②収入ー貯蓄=支出
 
あなたは、どちらですか?
 
そして、①と②、どちらがお金が確実に貯まると思いますか?
 
②ですよね?
 
私も様々な方の家計をみていますが、収入がとても多いのに、ほとんどお金が貯まっていないという方は意外とたくさんいます。それらの方は、ほぼ①の行動をとっています。
 
一方、それほど収入が多くなくても、きちんと資産形成ができている方もいます。その方はほぼ②の行動をとっています。
 
確実に資産形成をしたいのならば、②の行動をとることは必須です。
 
お金は残ったら貯めようでは貯まりません。
 

収入が入ってきたら、まず必要と思われる分を先によけてしまう。それはなかったものとして考えてしまう。そして、残りの分だけを使うという方法です。逆に言えば、残りの分は全部使ってよいお金というわけです。
 
これを先取貯蓄といいます。
 
いくらを先取貯蓄をするかは、あなたのゴール次第。これからどのくらい資産を築いていきたいのかという、あなたのゴールから逆算して算出していきます。
 
この先取貯蓄は、仕組みづくりがとても重要です。できれば、収入が入ってきたら、自動的にお金が動いていくような仕組みを作ってしまうのがベストです。
 
会社などに給与天引きで積み立てられるような制度があれば、それでもよいでしょう。
 
また、ネット証券などでは、給与口座から自動的に証券口座にお金を移動し、自分で決めた商品を一定額、購入していくような設定をすることも可能です。
 
口座を開設したり、商品を設定したりすることは最初はちょっと面倒ですが、その壁を乗り越えてしまえば、あとは自動的に積み上がっていきます。
 
先取貯蓄は仕組みづくりがとても大事。
 
今、もし何もやっていないという方は、ぜひ一つでもいいので、やってみてください。
 
 
◆時間を味方につけて、お金を楽に増やす
 
お金はできれば楽に増やしたいですよね。楽に増やすには時間を味方につけることです。つまり、今からはじめること!
 
時間がたくさんあれば、毎月の積立額がそれほど多くなくても、それなりの資産が積み上がっていきます。さらに運用を取り入れれば、意外と大きな資産にすることが可能になります。
 
(表1)

 
例えば、毎月5万円を積み立て、3%で運用した場合を見てみると…
 
・10年で698万円
・20年で1641万円
・30年で2913万円
・40年で4630万円
 
毎月5万円積み立て運用した場合、10年だと698万円ですが、40年積み立てた場合は、4630万円になります。毎月コツコツの力は偉大です。
 
ちなみに、運用しなかった場合は、40年間積み立てても2400万円です。40年間の運用で倍近くの差になります。
 
楽にお金を増やしたければ、今からの時間をフルに使うこと!
 
ゴールべ―スの資産形成を今からはじめていきましょう。
 
 
◆複利で、お金を効率的に増やす
 
最後は、お金を効率的に増やすコツをお話ししましょう。
 
利息のつきかたには、単利と複利というものがあります。
 
・単利とは、元本にのみ利息が付くこと
・複利とは、複利とは、元本+利息に利息がつくこと
 
例えば、100万円を3%で運用した場合をみてみましょう。
 
単利の場合は、1年目の利息は3万円です。2年目も、3年目も、毎年つく利息は3万円で変わりません。
 
複利の場合は、1年目の利息は3万円で変わりませんが、2年目は3万900円、3年目は3万1827円の利息がつきます。
 
それが積もりに積もると…
 
30年後には、52万円の差、40年後は106万円もの差になります。
 
元々の元本が100万円ですから、この差は大きいですよね。
 
もし、元本が1000万円だったなら…、1062万円の差になるわけです。
 

 
では、実際に複利で運用するにはどうすればよいかというと、
 
・利息が吐き出されないような商品を選ぶこと
・利息が吐き出されたとしても、その利息を使わずに再投資すること
 
です。
 
利息が吐き出されてしまうと、そこで税金が利益から2割差し引かれます。なので、税金面からもできるだけ利息が吐き出されないような商品を選んでいくことが大切です。
 
 
確実に! 楽に! 効率的に! 
 
ぜひ、あなたも、「お金を増やす3つコツ」を上手に駆使して、資産形成してみてください。
 
 
 
【まとめ】
 
・お金を増やすコツは、確実に、楽に、効率的に!
・先取貯蓄で確実に増やす
・時間を味方につけて楽に増やす
・複利で効率的に増やす
 

会社の利益は誰のもの?


 
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 
今回はちょっと経済学っぽいお話です。でも、難しくはないので、ぜひ読んでみてください。
 
 
◆会社は誰のもの?
 
「会社は誰のもの?」
 
こんなことを考えたことはありますか?
 
「そこで働いている従業員のもの?」
 
「いやいや、お金を出しているのは株主だから、株主のものでしょう?」
 
あなたは、会社は誰のものだと思いますか? そして、その利益は誰のものだと思いますか?
 
この議論は、経済学の分野でも長年議論されてきました。私も大学院にいた頃、このテーマについて議論した記憶があります。
 
これには諸説ありますが、大別すると「ストックホルダー・シェアホルダー(株主)のもの」という説と「ステークホルダー(株主だけではなく、社会全体を含む利害関係者)のもの」という説が有力です。
 
ちょっとは話が難しくなってしまいましたが、私はここで経済学の話をしたい訳ではありません。
 
このような経済理論、経済の構造から、自分の資産形成について考えていただきたいのです。
 
 
◆会社の利益は従業員と株主に分配される
 
会社の利益って、どのように使われるのでしょうか?
 
一部は次の事業のための原材料などに使われますよね。また、従業員の給与にも使われます。従業員の方は、会社から支払われる給与で生活を成り立たせているわけです。
 
そして更に、配当として株主にも分配されます。株主はお金を出資しているので、その見返りとして、配当を受け取ることができるわけです。
 
従業員は自分の時間と体を使って働き、給与を受け取ります。これは勤労所得といいます。
 
株主はお金を出資することにより、配当を受け取ります。これは財産所得といいます。
 
では、自分の資産をより豊かにしたいと思ったらどうすればよいでしょうか?
 
従業員の方は、一生懸命働いても、その利益をすべて受け取ることができるわけではありません。一部はシェアホルダーである株主に配分されているのです。
 
だったら、従業員として給与を受け取りながら、株主の立場にもなり配当を受け取れば、より豊かになれますよね? そう思いませんか?
 
 
◆株価上昇の利益は株主のもの
 
そしてもう一つ、株主になった方が良い理由は、キャピタルゲインです。キャピタルゲインとは、商品を安く買って高く売ったときの利益のことを言います。
 
従業員が一生懸命働いて、企業に利益を生み出し、企業価値を上げて、株価も上がったとします。では、この株価上昇の利益は誰が受け取りますか?
 
株主です。残念ながら従業員は株価上昇の利益を、直接受取ることはできません(持ち株制度などは考慮していません)。
 
株主は、利益の一部を配当として受け取ることができる上、株価が上昇したときの利益も受け取ることができるのです。これって、とても有利な立場だと思いませんか?
 
 
 
今回は資産形成の面から、株主としての立場はとても重要だよ、というお話をしました。
 
ただ、「個別株を買ってください」と言っているわけではありません。個別銘柄の選定に自信がある方はそれもよいかもしれませんが、私が言いたいのはあくまでも「仕事としての投資」のお話です。「仕事としての投資」については、文末の【参考】にリンクをはってあるので、読んでみてください。
 
投資というものを、このような経済構造から考えてみる事も必要です。投資とはまっとうな経済行為であり、投資がなければ経済活動、企業活動は成り立ちません。
 
そして、株主は、より豊かな資産形成を行う上で、とても有利な立場であるということです。
 
 
【まとめ】
 
・会社の利益は、従業員と株主に分配される
・従業員は、自分の時間と体を使って、勤労所得を得る
・株主は、出資をすることにより、財産所得を得る
・株価上昇によるキャピタルゲインは、株主しか得られない
・株主としての立場は、より豊かな資産形成を行う上で、とても有利である
 
 
【参考】
仕事としての投資についてはこちら↓
投資には2種類ある
 
投資の原理原則を知ることが重要という記事はこちら↓
ゴールベース資産形成を実現す3ステップとは?
 
 
個別相談のお申込みはこちら↓

Contact


 
執筆日:2020年10月19日

投資には2種類ある


 

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 

今回は、投資の原理原則についてお話ししていきます。
 

投資というと、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか?「こわい、難しい、損しちゃう、よくわかない、複雑、面倒くさい…」。こんなマイナスのイメージをお持ちの方のほうが多いのではないでしょうか?
 

でも、投資の原理原則を知れば、「シンプル、なるほど、意外と簡単!」。こんなイメージに変わると思います。では、今回からひとつずつ、投資の原理原則をみていきましょう。

 

◆投資には2種類ある
 

「投資」というと、あなたはこんなことを考えていませんか?
 

これからどのような分野の企業に投資をすればよいのだろう? どんな分野が伸びていくのだろう? AI? ブロックチェーン? コロナといえば医療、医療といえば、これからは遠隔治療??? 
 

などなど、これから成長が期待される業界や企業を探し出して、投資をしなければいけない。人よりも先にそのような企業を見つけ出さなければいけない。でも、それって難しいよね。良くわからないよね…。
 

また、こんなことも思っていませんか?
 

投資は、安く買って高く売らないと儲からないから、今が高いか安いかを見極めなきゃいけないよね。売買のタイミングを読まなければいけないよね。でも、相場をずっと見ているわけにもいかないし、どうせ当たらない…。チャート分析?? ファンダメンタル分析??? よくわからない…。
 
 

投資は大きく2つに分けられます。「趣味としての投資」と「仕事としての投資」です。そして上記のような考え方は、全て「趣味としての投資」になります。
 

【図表1】


 

「趣味としての投資」とは、短期売買を繰り返したり、相場を予測したりして投資をする方法です。期間は短期投資が中心。優良銘柄を見付けだし、投資をするイメージです。
 

この投資方法で、もちろん大きな利益を上げている方もいます。そして、大きく損をしてしまっている方もいます。
 

ただ私は、この「趣味としての投資」は、”趣味”なので、やりたい人がやればよいと思っています。
 

なぜなら、この分野で勝っている人は、このような投資が得意な方、大好きな方だからです。そして、この分野で勝つためには、このような人たちと競い合い、戦っていかなければいけません。
 

もし、あなたがそれが好きで、やりたいというのであれば、それも良いでしょう。
 

ただし、みんながみんな、この分野で勝てるわけではありません。「私はムリ」と思う方も多いのではないでしょうか? そんな方は、「趣味としての投資」に足を踏み入れる必要はありません。むしろ入らない方が良いでしょう。損をして、投資を嫌いになってしまう可能性の方が高いからです。

 

◆「仕事としての投資」で資産形成をしていこう
 

効率的に資産形成をしていきたいと思うのであれば、私は「仕事としての投資」を、みんながやるべきだと思っています。
 

「仕事としての投資」は、自分の資産の中に経済の成長を取り入れるという考え方です。世界経済は成長しています。その成長を利用しましょう、という考え方になります。
 

そして、「長期・分散・積立」でリスクをコントロールしながら、リターンを取りに行きます。「長期・分散・積立」については、これもとても重要なので、また別の機会にお話ししていきましょう。
 

リターンはコントロールできませんが、リスクは分散投資である程度コントロールできます。リスクをできるだけ抑えながら、世界の成長に投資をし、リターンを得ていく、これが「仕事としての投資」になります。

 

◆仕事としての投資で大事なことは続けること
 

仕事しての投資で一番大事なこと、そして一番難しいことは、続けることです。
 

なぜなら、資産運用には必ずリスクがあります。リスクとは、期待されるリターンに対するブレ幅のことを言います。要は、プラス15%になったり、マイナス10%になったりすることです。
 

リーマンショックやコロナショックのようなことも、時には起こります。そして、一時的に自分の資産が2割、3割マイナスになってしまうこともあり得ます。
 

しかし、それでも続けることが重要です。
 

あなたは、何のために資産運用をしているのですか? 自分のファイナンシャル・ゴールを実現するために資産運用しているのですよね? であれば、それが実現するまで、しっかりと続けることがとても重要なのです。
 

もちろん、ショックが起こったときでも生活は困らないように、資産を3つの財布にわけて管理しておく必要はあります。これは大前提です。
 

過去のデータをきちんと分析すれば、続けた方が良いという理由も論理的に説明ができます(これについても、機会をみてお話ししますね)。
 

「仕事としての投資」で重要なのことは、想像や思い付きではなく、過去のデータから判断して、できるだけ成功する確率の高いやり方を取り入れていくということです。
 

そして、あなたのファイナンシャル・ゴールを実現するためにはどうすればよいかを考えながら、プランを設計し、実行していくことです。
 

「仕事としての投資」は、個々の能力に関係なく、再現性がとても高い投資の方法なのです。
 
 

投資の原理原則①
投資には「趣味としての投資」と「仕事としての投資」の2種類がある。
そして、資産形成のための投資は「仕事としての投資」!

 

まとめ

・「仕事としての投資」は、世界の成長を利用するということ

・「仕事としての投資」は「長期・分散・積立」でリスクをコントロールする

・「仕事としての投資」で一番難しくて重要なことは、続けること

・「仕事としての投資」は、個々の能力に関係なく、再現性がある投資手法
 

【参考】
◆3つの財布についてはこちら↓
お金は3つの財布で管理する(後編:お金の管理の仕方)
 
執筆:2020年10月8日