ヴァンガード社訪問、米国研修①



ヴァンガード本社
 
2018年10月13日~24日まで、
米国研修に行ってきました。
 
場所は、
フィラデルフィアとニューヨーク。
 
研修内容は
フィラデルフィア
・世界最大の運用会社ヴァンガード社訪問、研修
・米国のFP団体「NAPFA」主催カンファレンスへの出席
 
ニューヨーク
・ニューヨーク証券取引所(NYSE)訪問
・FP事務所訪問
 
まずは10月15日の
ヴァンガード社の報告です。
 
フィラデルフィアのダウンタウンから
車で40~50分。
緑あふれる広大な敷地の中に
ヴァンガード本社はあります。
 
広大な敷地には16棟の建物が配置され、
16,000名もの社員が働いているそうです。
 
低コスト・インデックスファンドの
第一人者であるヴァンガード社。
その運用資産総額は5.1兆ドル。
日本円にすると(1ドル=112円)
約571.2兆円。
 
なんと日本のGDP(557兆円(2018年))
以上の規模ということになります。
 
10月15日のヴァンガード本社での研修は、
ヴァンガード社の経営方針や
リテールサービス、
アドバイザーサービス、
マーケティングなどについて、
9時から17時までびっちりと勉強してきました。
 
創立1975年。43年前から
Client Focus
Low cost
Long-term thinking
の理念を徹底してきたその姿勢は、
本当に素晴らしいと思いました!
 
売上を目標とせず、
顧客を満足させることを目標とし、
結果として売り上げが伸びるという、
理想的な経営を一貫して続けています。
 
最近では、
ロボアドバイザーと人による
アドバイザーサービスなど、
ハイブリットなサービスにも力を入れているとのこと。
 
今回のヴァンガード社訪問を通して、
日本で資産運用を広げていくには、
FPとして
投資家に本当に正しい投資の考え方を、
もっともっと伝えていかなければいけない。
 
その役割は
クライアントと同じ目標を持ち
クライアントの資産を増やし
守っていくことが仕事である
私たちFPがすべきこと、
私たちFPにしかできないことだと
確信しました。
 
ヴァンガード社の皆様
ありがとうございました。
 

集合写真

広々としたおしゃれな食堂

色んなグッツも