NAPFAカンファレンス、米国研修②


 
10月16日から18日までは
米国のFP団体「NAPFA」の
カンファレンスに参加してきました。
 
NAPFA
(The National Association of Personal Financial) は、
お客様からの顧問料のみを収入源とする
フィーオンリーのFP事務所の団体です。
会員は3000名ほど。
そして、その半分は女性とのことです。
 
NAPFAの会員は、
金融機関などからのコミッションを
受け取らないため、
クライアントとの利益相反が生じず、
クライアントと同じ目標に向かって
サポートをすることを理念としています。
 
春と秋の年2回、
全米のNAPFA 会員が一箇所に集まり、
研修や交流会などの
カンファレンスを開催します。
 
その一つに我々も参加してきました。
 
朝7時ごろから夜まで、
様々な研修や交流会が開催され、
その中から興味のあるものに
参加していきます。
 
マーケティングや
FPビジネスに関するノウハウ、
最新の資産運用情報など、
内容は盛りだくさん。
 
驚いたことの一つとして、
他との差別化を図るための
アドバイスとして、
保険の提案のセッションがあったことです。
 
保険のアドバイスが多い
日本のFP事情からみると
「いまさら?」という感じでした。
 
でももしかしたら、
保険アドバイスが多過ぎる日本の状況が
世界からみると
普通でないのかもしれません。
 
死亡リスク等を回避するための
保険は有効かと思いますが
資産形成のための保険に関しては
どうしても手数料が高いので、
コミッションを受取らない
NAPFA会員からすると
「保険→手数料が高い→顧客のためにならない」
という考えになります。
 
会場では
「本当にクライアントのためになるのか?」
とプレゼンターが
厳しい質問攻めにあう一幕もありました。
 
 
今回のカンファレンスでは
『米国FPの友達を作ること』
も目的の一つにしていました。
 
たくさんの米国FPの友達ができました!
今後はお互い日米のFP事情について
情報交換していきたいと思います。
 
 





FPの父といわれるGeorge Kinderさんと