債券価格と金利の関係を確認しよう!



 
2019年3月19日
 
FPの工藤清美です。
 
今回は私が毎月書いている
ニュースレターより
債券と金利の関係について
プログに掲載いたします。
 
債券には
国が発行する国債、
企業が発行する社債などが
あります。
 
債券とはいわゆる借用書、
つまり、
国や企業にお金を貸していることを
証明する証書と考えてよいでしょう。
 
お金を貸しているので満期があり、
満期がくると貸した分のお金が
返ってきます。
 
そして、
貸している期間中は
あらかじめ決められた利息を
受け取ることができる、
というのが基本的な債券の仕組みです。
 
よって、
満期まで債券を保有していれば、
元本は返ってきます。
 
しかし、
債券は期間途中で売却することも可能です。
途中売却時は時価で売買されるため、
元本割れすることもあれば、
上回ることもあります。
 
その時の債券価格に
大きな影響を及ぼすのが
金利状況です。
 
債券価格と金利には
「金利が上昇→債券価格が下がる」
「金利が下落→債券価格が上がる」
という関係があります。
 
 例えば、
AさんがX社の債券
(期間10年、利息2%、価格100万円)
を購入したとしましょう。
 
2年後、
AさんはX社の債券の売却を考えました。
その時、
世の中の金利が上昇していたとします。
 
市場には
Y社の債券
(期間8年、利息2.5%、価格100万円)
が売出中です。
 
Aさんが売却するX社の債券と
Y社の債券、
どちらの人気が高いでしょうか?
 
残存期間が同じならば
利息が高い方がよいですよね?
 
よって、
AさんのX社の債券は100万円よりも
価格を下げなければ売れない、
ということになります。
 
(※X社とY社の信用度は同等とする)
 
当事務所では
お客様のライフプランを実現するたの
資産運用に関するアドバイスを
行っております。
 
是非お気軽にご連絡ください。