2000万円問題、老後の年金いくら? 共働きの場合、専業主婦の場合


金融庁のレポートで
「老後の2000万円問題」が
大きな話題になりましたね。

今回はその話題となった
公的年金についてみていきましょう。
 
老後に受け取る公的年金には、
老齢基礎年金(国民年金)と
老齢厚生年金(厚生年金)があります。

国民年金は20歳から60歳まで全ての人が
加入する年金であり、
厚生年金は会社員や公務員の方が
国民年金に上乗せして加入する年金です。

原則、65歳から
これらの年金を受け取ることができます。

国民年金保険料を40年間満額支払った場合、
老齢基礎年金の受給額は年額780,100円
(2019年4月分以降)、
1カ月あたり約65,000円となります。

ただし、未納期間などがある場合は
その分減額されます。

老齢厚生年金の受給額は、
保険料を支払った期間だけでなく、
収入額、家族構成、生年月日などにより
異なります。

では、一体いくらもらえるのか、
具体例でみてみましょう。

(例)
・ご主人:現在40歳、
     年収500万円、
     22歳~60歳まで勤務したとすると…
  →老齢基礎年金6.5万円、老齢厚生年金8.5万円
 
・奥様 :現在35歳、
     年収300万円、
     22歳~60歳まで勤務したとすると…
  →老齢基礎年金6.5万円、老齢厚生年金5.6万円

となり、共働きの場合の世帯年金は27.1万円です。

もしも、奥様が専業主婦だった場合は
奥様の受取る年金は老齢基礎年金のみとなり、
世帯年金は21.5万円となります。

もちろん、これは
現時点での年金額を基準に計算したものなので、
将来的には変わる可能性もあります。

日本年金機構のサイト「ねんきんネット」では、
ご自分の将来の年金額を
シミュレーションすることができます。
ぜひ利用してみては?