キャッシュレスの行く先は?



 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤です。
 
日経新聞で気になる記事を見つけました。
「キャッシュレスよりキャッシュ・アクセス」
 
現在、日本では国をあげて
キャッシュレス化が推し進められています。
 
消費税増税後の
キャッシュレス決済でのポイント還元は
その一つですね。
 
しかし、
すでにキャッシュレス化が進んでいる
海外では
その逆の現象が起こっているとのこと。
 
米国では、小売店などで
現金決済を断られるケースもあるようですが、
それを禁止したり、
現金決済に高いチャージを課すことを
禁止する州もでてきているとか。
 
スウェーデンでも
金融機関にキャッシュ・サービスの提供を
義務付けることにしたそうです。
 
キャッシュレス決済が進んだことにより
キャッシュレス決済を使える人と
使えない人との間の
格差が問題になっているようです。
 
日本では「○○Pay」などが乱立しており
乱立しすぎて
何を使ったらよいかわからない状態です。
 
私自身、いくつか使ってみましたが
結局クレジットカードが
メイン決済手段となっています。
 
もちろん、クレジットカード決済も
キャッシュレス決済ですが、
○○Payの乱立が
キャッシュレス決済を
より複雑にしてしまっているように思います。
 
また、年配の方などは
現金主義の方も多く、
ポイント還元のメリットを
受けられていない方も
多いのではないでしょうか?
 
ある程度キャッシュレス化が進んだとしても
偽札の不安がなく、
現金の信用度が高い日本では
結局は
現金決済が重要なポジションを
維持し続けるのかもしれませんね。