過去の金融危機と株価、今回のコロナショックは?



 
こんにちは。
FPの工藤清美です。
 
現在コロナショックにより、
世界の株価は大きく下落しました。
 
ただ、このように
マーケットを大きく動かす危機は、
過去に何度も起こっています。
 
過去の主な危機の概要と
日米の株価の動きをみてみましょう。
 
 
1)ブラックマンデー
1987年10月
 
香港を発端としった株価大暴落。
プラザ合意やイラン・イラク戦争など、
様々な要因がからみ、
金融不安へ。
 
 
2)アジア通貨危機
1997~1998年
 
アジア各国の急激な通貨下落により
アジア経済は大打撃。
 
 
3)米・同時多発テロ
2001年9月
 
テロ組織アルカイダによる
米国同時多発テロ事件。
対テロ組織との闘いが始まる。
 
 
4)ITバブル崩壊
2000~2003年
 
米国でIT関連株式のバブルが崩壊。
世界不況をもたらす。
 
 
5)世界金融危機
2008~2010年
 
低所得者向け住宅ローン、
サブプライム・ローン問題が発端となり
米国の住宅バブルが崩壊
 
大手証券会社
リーマン・ブラザーズが破綻。
世界的な金融危機に陥った。
 
 
6)コロナショック
2020~
 
新型コロナウィルスのパンデミックが発生。
 
 

 
 
では、まだ記憶に新しい
世界金融危機
(リーマンショック)と
今回のコロナショックを
比較してみましょう。 
 
 

 
 
上記は、
ショック直近の最高値と最安値を
比較したものです。
  
世界金融危機時の株価は、
米ダウ平均でー54%、
日経平均ではなんと
ー61%も下落しました。
 
そして、
株価が底につくまでの期間は
米国では1年半、
日本では1年ほどかかっています。
 
一方、今回のコロナショックでは、
今のところ、
ダウ平均でー37%、
日経平均でー31%の下落となっています
(2020年4月16日現在)。
 
そして、その期間は、
米国では約1か月
日本では約2か月
しかかかっていません。
 
今回は、世界金融危機の時よりも
急激に株価が下落している、
ということがわかります。
 
そして、今のところですが、
株価の回復も急激のようです。
 
今後どうなるかはわかりませんが、
引き続き動きを慎重に
見ていきたいと思います。