心理を知ることでアフターコロナに備える!



 
2020年4月29日
 
こんにちは。
エフピーブラッサムの工藤清美です。
 
今日は
私が理事をしている
WAFP関東の心理カウンセリングラボに
Zoom参加しました。
 
教えてくださったのは
株式会社東京ビジネスラボラトリーの
朝妻秀子先生。
 
テーマは
「心理を知ることでアフターコロナに備える」。
 
これを意識するのとしないのとでは、
アフターコロナが大きく変わると実感しました。
 
ラボで学んだこと
そして私が思ったことを
ここにメモとして残しておきたいと思います。
 
 
◆これから求められる人材とは?
ざっくりというと、
自ら動ける人
この一言に尽きます。
 
・自ら目標をかかげ、仕事を作りだせる人
・自ら課題を明確化でき、解決策を考えられる人
・向上心、好奇心を持ち、自らスキルアップを図れる人
・自ら創意工夫ができる人
・広い視野を持ち、情報を収集できる人
・オリジナリティのある人
 
与えられたことだけをこなす人は、
今後ロボットやAIにとって代わられてしまう
のは明らかです。
 
これらを意識しながら学び続け
自分自信の知識や技術、ノウハウを
ブラッシュアップしていくことが
今後益々重要になると思います。
 
 
◆アフターコロナはどうなるか?
世界は2極化していく・・・
 
これはよく言われていることですよね。
私もそう思います。
 
仕事も、
資産も、
考え方も、
生きる世界までも
 
2極化していくのだろうと思います。
 
そして、
情報に振り回され、不安に陥る人と
情報を自分で判断し、成長に結びつけられる人
 
朝妻先生は
人の思考や行動には5つのレベルがある
とおしゃっていました。
 
自分自身がどのレベルにいるのか
を意識することで
とるべき行動も見えてくるのかもしれません。
 
 
◆人には潜在能力がある
顕在意識は氷山の一角。
これもよく心理学でいわれることですね。
 
無意識、潜在能力をどういかしていくかで
その人の能力、輝きは大きく変わります。
 
しかし、本来の力は
潜在意識の中にある障害や
顕在意識の中にある課題が邪魔をし
なかなかその力を発揮することが難しい・・・
 
それらの障害や課題を取り除き
本来の力を発揮できるようにしてあげるのが
様々な心理学の手法です。
 
 
◆カウンセリングの構成
①受容と共感
・クライアントと同じものをイメージする
・傾聴
・ここではジャッジはしない
 
②問題の本質の探究
・問いかけなどをしながら、
 潜在意識にある問題の本質を探る
 
③気づきと成長(解決)
・教えるのではなく、
 自ら気づいてもらうことが大事
・過去のトラウマやネガティブ思考を
 解消していく
 
過去の経験からの障害、トラウマと
未来の課題はつながっている
 
だから、過去の障害・トラウマが取り除かれると
未来の課題の解消されることも多いのだそうです。
 
 
◆心理カウンセラーが使う技法・療法
・来場者中心療法
・マイクロカウンセリング
この二つが土台にあり
以下のようなそれぞれの手法がある。
提唱された年台順に
・交流分析(TA)
・認知行動療法
・ゲシュタルト療法
・インナーチャイルドセラピー
・NLP
・マインドフルネス
など
 
NLPやマインドフルネスは
近年提唱されている心理学の手法。
 
今までの手法よりも
より心の本質的な部分にリーチしやすいため
効果が出るのも早いのだそうです。
 
 
◆まとめ
今回のラボで印象に残ったのは、
過去の障害・トラウマと未来の課題は
つながっているということ、
 
そして、生まれ持った本来の自分を取り戻し
潜在能力に働きかけることで
なりたい自分に近づけるということです。
 
「思考は現実化する」という
ナポレオン・ヒルのベストセラーがありますが
これらも
潜在能力に意識的に働きかけてるんだなぁ~
ということがよくわかりました。
 
心理学はこれからも学んでいきたいと思います。