お金は3つの財布で管理する(後編:お金を管理の仕方)



 
こんにちは、ファイナンシャルプランナーの工藤清美です。
 
あなたは、90歳時点で資産が7000万円になるのと、1000万円になるのと、どちらがよいですか? お金の管理の仕方だけで、これほどまでに資産残高は変わってきます。
 
今日は、「将来のために今のお金をコントロールする」の後編:「お金の管理の仕方」についてみていきましょう。
 
お金の管理は、「時間軸で分ける」という考え方があります。短期・中期・長期の3つのお財布に分けて、お金を管理していきます。
 
 
【図表1】

 
 

◆短期資金は換金性が大事
 
短期資金とは、日々の生活費、緊急時のためのお金となります。なので、換金性がとても重要です。いざというときには、すぐに現金化できるようにしておく必要があるため、普通預金や定期預金などに置いておくことをお勧めします。
 
金額としては、半年~1年分程度の支出額を用意しておくと良いでしょう。住宅ローンなどがある方は、ローンも含めた年間の支出額を確保しましょう。とりあえず半年~1年分あれば、何か急な出費があったとしても、安心です。
 
 
◆中期資金は確実性が大事
 
中期資金とは、この先10年以内に使う予定のあるお金をいいます。
 
留学に行きたい、
子どもを私立に行かせたい、
住宅を購入したい
起業したい・・・
 
あなたは、この先10年以内にどのようなことをしたいですか? そして、それを実現するためには、どのくらいの資金が必要ですか? このようなことを整理して、中期資金を試算してみましょう。
 
中期資金は、近い将来に使う予定のあるお金なので、確実に貯めていくことが重要です。時間軸にもよりますが、定期預金や国債など、元本割れしないものが良いでしょう。
 
以前は、これらにプラスして、貯蓄性のある円建ての保険も選択肢としては”あり”だったのですが、今はあまりお勧めしません。保険の場合は、途中で解約した場合には大きく元本割れしてしまいます。また、現在は満期まで保有していても、元本割れしてしまう商品もあります。
 
保険は、あくまでもリスクをカバーするためのものだと、私は考えています。貯蓄目的で保険を利用するのは、今の経済状況下では、賢い方法とは思えません。
 
 
◆長期資金で資産運用を
 
長期資金は、しばらく使う予定のないお金になります。ここで、収益性を求め、資産運用を行っていきます。
 
資産の形としては、株式や債券、国内の商品、海外の商品など、異なる資産に分けて、分散投資をしていきます。
 
株や債券に投資をするといっても、個別の株式や債券を選ぶ必要はありません。株式や債券に投資をする投資信託などを選べば、個別銘柄を自分で選別する手間暇が省けます。商品の選び方についても、今度まとめますね。
 
とにかく、10年以上運用を続けられるお金、それが長期資金となります。
 
 
◆3つのお財布を上手にコントロールする
 
では、具体的にどのように管理していくのか、例をみてみましょう。
 
 
【GOAL】
・子どもの私立大学の費用 870万円
・家の修繕 100万円
・老後の生活費 月30万円
 
【条件】
・家族構成:世帯主45歳、配偶者42歳、子15歳
・年収(税込):世帯主720万円(~60歳)、480万円(~65歳)/配偶者120万円(~60歳)
・貯蓄    :1000万円
・退職金   :1000万円(60歳時)
・支出(生活費):480万円(~52歳)、384万円(~59歳)、360万円(60歳~)
 

・短期資金:500万円
・中期資金:大学費用870万円、家修繕費100万円
・長期資金の目標運用利回り:3%
 
 
【図表2】

 

まず、短期資金として、貯蓄1000万円のうち、500万円を確保します。中期資金は貯蓄の残り500万円とします。しかし、中期資金は今後10年間で970万円必要なため、現時点ではまだ足りません。今後の収支から積み立てていくことにしましょう。長期資金は、45歳時点ではまだありません。
 
中期資金は、積み上げながら使っていきます。そして、お子さまの学費と家の修繕費用が終わると、ゼロとなります。中期資金の積み上げが終わると、次は長期資金を積み上げていきます。
 
この方の場合は、リタイアする65歳まではまだ時間があるため、お子さまの学費が終わってからでも十分リタイア費用を積み上げることができます。
 
リタイアした後の毎年の収支は-150万円程度となります。しかし、積み上がった資産をしっかりと運用していけば、資産は減少することなく、逆に増えていく試算となりました。
 
 
図表3は、資産を運用した場合と、しなかった場合を比較したものです(運用利回り以外の条件は同じ)。資産の推移が、全く異なる形になることが分かります。
 
【図表3】

 
 
長期資金を運用した場合は、世帯主が90歳になるころには7000万円以上に増えています。しかし、全く運用しなかった場合は、配偶者が100歳になる前に資産寿命が尽きてしまいます。
 
ここでは、シミュレーションをシンプルにするため、介護費用や認知症への対策などは考慮していません。なので、実際はもっと資産残高は苦しくなる可能性もあります。
 
もちろん、目標の運用利回りは、将来確定されているものではありません。しかし、3%という利回りで、資産残高がこれほどまでに変わってくる、ということは知っておくべき事実だと思います。
 
 
 
まとめ
 
・お金は短期・中期・長期の時間軸で管理する
・短期資金は生活費・緊急時のお金
・中期資金は10年以内のゴールのお金
・運用するのは長期資金
 
 
【参考】
◆お金の使い方はこちら↓
将来のために今のお金をコントロールする(前編:お金の使い方)
 
◆「ゴールベース資産形成」についてはこちら↓
ゴールベース資産形成とは、未来の視点から今の資産を整えていくこと
 

執筆:2020年9月30日