退職金で住宅ローンを完済する? しない?



 

こんにちは、FPの工藤清美です。
 
今回は退職金と住宅ローンについて考えてみましょう。
 
住宅ローンがまだ残っている場合、あなたは退職金でそのローンを完済しますか?
 
私はFPとして、様々な方の資産、家計をみていますが、多くの方が退職金で住宅ローンを完済、または繰り上げ返済をしておられます。そして、それが正しい、と思い込んでいらっしゃる方が多いように感じます。
 
日本人は堅実だなぁ~といつも感じています。
 
ただ、今のこの経済状況下で、本当に手持ちに資金をローン返済に回してしまってよいのでしょうか?
 
私は、今は、必要以上に手持ちの資金をローン返済に回すべきではないと考えます。
 
なぜなら、今はとてもローンの金利が低いからです。
 
あなたの住宅ローンの金利は何%ですか?
 
現在、変動金利であれば1%を切っているケースが多いのではないでしょうか?全期間固定金利のフラット35でも現在は1~2%台です。
 
もしも、住宅ローンの金利が現在の金利よりも著しく高い場合は、まずローン金利の見直しをすることが先でしょう。
 
1%前後で住宅ローンを借りている方は、退職金が入ったからといって、ローンを返済し、手持ちの資金を減らすべきではありません。
 
なぜなら、退職後は残念ながら、あなたの信用度は著しく低下してしまいます。新たに同じようなローンを借りようとしても、まずできないでしょう。
 
今保有している住宅ローンは、現役時代の信用度があったから借りられたわけです。そのメリットを自ら手放してしまうことが本当に賢いのでしょうか?
 
まちがったやり方をしなければ、長期資産運用でローン金利分の1%を上回るリターンを得ることは可能だと思います。
 
例えば、日本債券、日本株式、外国債券、外国株式に4分の1ずつ資産分散をしたとしたら、過去20年平均リターンは4%以上となっています。
 
もちろん、預貯金に入れておくだけであれば、さっさとローン返済をしてしまった方が良いのですが…。
 
ただ、退職金は最後の大きな収入です。
 
これが資産寿命を延ばすことができる最後のチャンスなのです。
 
必要以上のローン返済により、手持ちの資産を減らしてしまうことは、そのチャンスを自ら手放してしまうことを意味します。
 
大事な老後の資金を少しでも活かしていきたいと思うのであれば、しっかりと資産運用について学び、賢く増やしていくべきではないでしょうか?
 
 
もしも、専門家の力を借りたいと思われたら、ぜひご連絡くださいね。